pref_ng

信州東御 小田切牧場 スイートコーン10本

小田切牧場で作る良質な堆肥と、標高1,150mの高冷地での豊富な日照と昼夜の寒暖差を活かして作られる「スイートコーン」は地元の人気商品です。朝採り直送の旬の味覚をお楽しみください。

  • 2,800円(税込)
  • 今季の販売は9月20日まで、最終出荷は9月30日の予定です。
    内容量:10本
    賞味期限/消費期限:
    保存方法:冷蔵
    お知らせ:到着後はお早目にお召し上がりください。
  • 送料 / 原材料名・成分 / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    眼下に雲海を望む、雲の上の牧場

       長野県東御市。緑と川に恵まれた信州浅間山麓の標高1,150mに位置する小田切牧場は、豊かな風土とアルプスからの清らかな水に恵まれ、特に雲海が発生する日には、まるで牧場が雲海の中に浮かんでいるかのような絶景が広がる「雲の上の牧場」です。和牛の肥育に適した寒暖差のある環境で牛を育てており、小田切牧場では一頭一担当で、時には話しかけながら愛情を持って育てているのが特徴です。 安心・安全で美味しい牛肉を目指し、飼料などのトレーサビリティを徹底し、 牛の健康を第一に肥育しています。 美味追求の一貫した体制でお客様のもとに美味しさをお届けしております。

    標高1,150mの地で育ったスイートコーン

       昔ながらの「循環型農業」を大切にする小田切牧場で牛糞から作る良質な堆肥は、美味しい野菜を生み出します。アスパラ、ズッキーニ、パプリカ等、小田切牧場で作られる美味しい野菜は沢山ありますが、なかでも標高1,150mの高冷地での豊富な日照と昼夜の寒暖差を活かして作られている「スイートコーン」は地元の方や、京都の料亭からも注文が入る人気商品です。朝採り直送の旬の味覚をお楽しみください。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •    小田切牧場では、昔ながらの「循環型農業」にこだわり実践しています。かつての日本は、人の手で虫や草を除去して、ワラや家畜の糞を堆肥とし、作物を育てていました。しかし、近年は、生産性の向上のため、農薬や化学肥料を利用し、家畜のエサは海外からの輸入に頼るところも増えています。
       先代からの遺言があります・・・「1,000頭以上飼うな!牛飼いは、田んぼのワラを上げて、堆肥を返すのが仕事。電話で草を買うなら、牛飼い辞めろ!」
       これは、需要と供給のバランスが崩れると、家畜の排出物が悪臭や汚染の原因になったり、地域社会から遊離して、販売先のみを見ているバランスの悪い経営となるからでしょう。ですから小田切牧場は、自然のサイクルに沿い、地域農村と協力しあう、昔ながらの素朴な農業スタイル「循環型農業」にこだわっているのです。
       丹精込めて作り上げてきた「信州牛」。その育成に関する今までの経験や知識を、時間をかけて少しずつ次世代に継承していきたい。それこそが、これからの「地域農村社会への還元」につながる道ではないかと考えております。
      (小田切牧場 代表 小田切隆治)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る
    ×
    お中元ページはこちら