JR東海JR東海

いいもの探訪 JR東海がお届けする沿線地域の逸品・名産品などのご当地情報を紹介するサイト

贈る相手によって違う?覚えておきたいお中元の相場

お中元

夏の風物詩でもあるお中元には、お世話になった方へ感謝の気持ちを伝える意味があるため、贈る商品は慎重に選びたいものです。とはいえ、「どれくらいの金額の商品を選べば良いか分からない」という方も多いのではないでしょうか。お中元の金額にはおおよその相場があり、「気持ちを込めて贈るものだから」と相場より高い商品を選ぶと、相手を戸惑わせ、不快にさせてしまうことがあります。失礼がないように、お中元の相場や金額を決めるときの注意点を知っておきましょう。

お中元の金額は贈る相手との関係によって変える

お中元は感謝の気持ちを表すものなので安すぎると失礼にあたりますが、反対に高すぎると気を遣わせてしまいます。お互いに気持ち良く贈り合うためには、相手との関係性に応じて金額を選ぶことが必要です。
贈る相手によって異なりますが、お中元の相場は一般的に3,000〜5,000円といわれています。

・ご近所や知人へ贈る場合

ご近所の方へ贈るときは、相場より安めの3,000円以内で選ぶことが多いようです。ただ、お付き合いの度合いによっては相場より高めの商品を選ぶ場合もあります。目上の方には、特に「失礼がないように」といった理由で5,000円程度か少し高めの商品を贈っても良いでしょう。相場とかけ離れた商品にならないようにすることが大切です。
頻繁に関わることがない知人などへは、相場より高い商品は贈らないのが一般的です。それほど親しくない相手、家族ぐるみで付き合いがある相手など、どの程度付き合いがあるかによって予算を決めましょう。

・両親や親戚、親しい友人へ贈る場合

親戚や仲の良い友人などへ贈るときは、相場である3,000円程度の商品を贈るのが慣習になっています。気軽に話せる間柄なら商品や金額などについても確認しておくと良いでしょう。
特に関係が深い両親の場合は、相場内でも高めの5,000円程度の商品を贈る方が多いようです。義理の両親も同様であり、親戚より高めのものを贈るのが一般的です。

また、親戚へのお中元は遠方に住んでいる場合に贈るケースが多く、近所に住んでいて頻繁に行き来する仲の場合はお中元のやり取りを行わないこともあるため、結婚相手の家に入るときなどには、その家の慣習を事前に確認しておきましょう。

・職場の上司や先輩など、目上の人へ贈る場合

職場の上司や先輩といった、特に気を遣いたい相手へは、相場内でも高めの5,000円程度の商品も選択肢に入ります。予算や相手との関係によっては3,000円〜4,000円の商品を選ぶ方もいますが、日頃からお世話になっていれば、贈るものの金額にも配慮することをおすすめします。

・仕事の取引先や特別にお世話になった人へ贈る場合

仕事の取引先や日常生活でお世話になった相手には、一般的に相場よりも高い商品を贈ります。特別にお世話になった相手には10,000円程度の商品を贈ることもありますが、あまりにも高額なものだと、「今後、お中元のお付き合いは控えたい」といった意味を含む場合があるので注意した方が良いでしょう。
取引先に贈る場合は、会社のルールによってはお中元の受け取りが禁止となっているところがあるので、事前の確認が必要です。

・お返しをする場合

お中元は必ずしもお返しをする必要はありませんが、お礼の気持ちを表すために品物を贈る場合は、お礼状を出した後に贈るのがマナーです。
お返しをする場合は、いただいた商品より安い、もしくは半額以下の商品を贈る「半返し」が慣習です。例えば5,000円相当の商品をいただいたときは、2,000円〜2,500円程度でお返しを選ぶのが良いとされています。
特に、会社の上司や目上の人といった同等な関係ではない場合のお返しは、かしこまる気持ちを込めて、いただいた商品の半額かそれ以下のものを贈るようにしましょう。

お歳暮とお中元の金額の違いは?

同じ相手に対してお中元とお歳暮の両方を贈る場合は、それぞれの意味や予算の違いを知っておくと良いでしょう。
どちらも感謝の気持ちを伝える意味を持ちますが、お中元は上半期の感謝の気持ちを伝えるものであるのに対し、お歳暮には1年の感謝の気持ちに加えて「来年もよろしくお願いします」という意味も込められています。贈る商品の金額を混同しがちですが、お歳暮の方が気持ちを込める程度が強めなので、予算も配慮するのが一般的です。

お歳暮の相場はお中元とおおよそ同じですが、前述の、お中元との意味合いの違いがあるので、お中元よりもやや高めの商品を贈る傾向があります。年齢が高くなるほど高額な商品を選ぶ傾向が強く、30代では6,000円より少ない場合がほとんどですが、40代以降では8,000円以上のものを選ぶ方が多い傾向にあります。
両方贈る予定がある方は、目安としてお中元の予算をお歳暮よりも1、2割程安めにするのが良いでしょう。

お中元の金額について覚えておきたいマナー

商品の金額について注意すべきポイントはほかにもあります。
ここでは、お中元のやり取りを長く続けるために、知っておきたいマナーについてご紹介します。

・年によって金額を上下させない

お中元は毎年贈るものですが、年によって金額に差が出ないようにすることが大切です。前年よりも安い商品を選ぶと失礼にあたり、高い商品を贈ると相手に気を遣わせてしまいます。また、一度相場以上の商品を選ぶと、来年以降もその金額を維持しなければならないため自分の負担も大きくなります。

大きく金額が異なると不自然な印象を持たれたり、相場より高いものを贈ってしまうと毎年贈るのが苦痛になったりしてしまうので、相場に配慮しつつ、毎年同程度の金額で贈るようにしましょう。

・目上の人には現金や商品券は贈らない

相手の好みが分からない場合、何を贈ればいいのか迷うことがありますね。現金や商品券は自由に使うことができるため喜ばれることが多く、失敗しないギフトとして人気があります。
しかし、お中元のマナーとして、現金や商品券を目上の人に贈るのはタブーとされているので注意が必要です。また、金額がはっきり分かってしまうことから敬遠する方も多いので、親しい友人や知人など、気心の知れた相手以外には贈らないようにするのが無難です。

・お返しには高額な商品は避ける

お中元の断り方の一つとして、もらった商品の倍額の商品を贈るというものがあります。お中元のやり取りをしていた友人や知人と疎遠になってしまったときや、仕事や私生活でほとんど縁がなく受け取る理由が薄いときなどに行われます。
このことを知らずに、贈られたものの倍以上もするような、高額な商品でお返しをしてしまうと、相手に勘違いされてしまい不快感を与えかねないので、お返しの商品の金額を決めるときは相場に合った商品を選ぶように注意しましょう。

相場だけでなく相手への気持ちが大切

今回はお中元の一般的な相場をご紹介しました。金額は相手の立場だけでなくお付き合いの度合いも考慮する必要があります。相場からかけ離れた金額の商品はマナー違反にあたるため、相場を考慮しながら選ぶようにするのがよいでしょう。
感謝の気持ちを伝えるためには金額も大切ですが、お互いが負担を感じることなく贈り合えることが重要です。長く気持ちの良いお付き合いが続くように、金額を決めましょう。