JR東海JR東海

いいもの探訪 JR東海がお届けする沿線地域の逸品・名産品などのご当地情報を紹介するサイト

お中元と違う?絶対に押さえておきたい暑中見舞いのマナー!

お中元

「暑中見舞い」と聞くとハガキなどの挨拶状を思い浮かべる方が多いと思いますが、お中元と同様、暑中見舞いギフトを贈ることもあります。お中元と同じ時期に贈るため、「違いがイマイチ分からない……」という方もいるのではないでしょうか。
ここでは、暑中見舞いを贈る時期や喜ばれる品物の選び方、気をつけたいマナーなどをご紹介します。挨拶状を贈る場合の文例も掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

お中元と暑中見舞いって何が違う?

お中元や暑中見舞いは自分の近況や感謝を伝えたり、相手の健康への気遣いを形にしたり、さまざまな意味があります。

一般的には、「これからも変わらぬお付き合いを」と日頃の感謝を伝えるために贈るものがお中元、暑中に相手の安否を伺うものが暑中見舞いと呼ばれています。
どちらも日頃からお世話になっている友人・知人・親戚、または会社の上司や取引先へと感謝の気持ちを贈ります。

・暑中見舞いを贈る時期は地域差がない

暑中見舞いは、贈る時期に地域差があるお中元とは異なり、どの地域でも7月中旬から立秋の頃(8月6日〜8月8日頃)までに贈るのが通例です。
前日には届くように品物の配送手続きをすると良いでしょう。

・間違いやすい暑中見舞いと残暑見舞い

残暑見舞いは、「暦のうえでは秋ですが、暑さがまだまだ続くので健康に留意してください」という相手への気遣いを表すものです。
立秋の頃を過ぎて8月下旬までが残暑見舞いの時期とされており、8月中には相手に届くようにします。立秋より前は「暑中見舞い」、後に贈るのが「残暑見舞い」と覚えておきましょう。

・お中元と暑中見舞いは両方贈るべき?

通常、お中元と暑中見舞いの両方を品物で贈ることはありません。
お中元をいただいたお礼を兼ねて、暑中見舞いの挨拶状を出す方は多いようです。

また、暑中見舞いと残暑見舞いも同様です。
時期の違いによって名称が変わるだけなので、両方を贈る必要はないとされています。

品物を贈る?挨拶状を贈る?

暑中見舞いは、ハガキや手紙で挨拶状を出すか、品物を贈り気持ちを伝えます。
挨拶状は、暑さが厳しい時期に相手の健康を伺うために出し、感謝の気持ちとともに相手の健康への気遣いを表すために品物を贈るとされています。

・挨拶状は構成に気をつけよう

暑中見舞いを挨拶状で出す場合は、全体の構成に気をつけて書くようにしましょう。
ここでは、ビジネスシーンや個人宛で使える文例をご紹介します。

基本的な構成

挨拶状の一般的な構成は「暑中の挨拶・時候の挨拶からはじまる主文・結びの挨拶・日付」です。暑中の挨拶を書き出し、結びの挨拶を締めにするのが一般的であるため、「拝啓」「敬具」といった頭語や結語は不要とされています。

暑中の挨拶には、「暑中お見舞い申し上げます」、「暑中お伺い申し上げます」などのお見舞いの言葉を書くのが通例です。
ポイントは、挨拶のあとに続く本文よりやや大きめの文字にすること。句点を省くことでも文章の見栄えが良くなります。

挨拶のあとは、相手の安否を伺う言葉や自分の近況を伝える文章を主文に入れ、結びの挨拶で再度相手の健康を気遣う文言を入れます。

最後に日付を書きますが、具体的な日付は入れずに「盛夏」と書くようにしましょう。

※盛夏(せいか)とは、梅雨明け頃から立秋までの一番暑い時期を表す季語です。

ビジネスで使える暑中見舞いの文例

――文例1

暑中お見舞い申し上げます
平素はひとかたならぬご厚情にあずかり、心から御礼申し上げます。
連日厳しい暑さが続いておりますが、貴社におかれましては益々ご健勝のことと存じます。
さて、弊社では下記の予定で夏季休業とさせて頂きますのでご了承ください。
夏季休業期間 ○月○日(曜日)〜 ○月○日(曜日)
今後ともなお一層ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。

平成○年 盛夏

――文例2

暑中御見舞い申し上げます
平素は格別のお引き立てを賜り深く感謝致しております。
誠に勝手ながら、弊社では下記の期間を夏季休業日とさせていただきます。
暑さ厳しき折柄、皆様のご健勝をお祈り申し上げますとともに、
今後とも変わらぬお引き立ての程宜しくお願い申し上げます。
夏季休業期間 ○月○日(曜日)〜 ○月○日(曜日)

平成○年 盛夏

※ビジネスでの暑中見舞いでは、夏季休業日のお知らせを兼ねているものが多く見られます。

個人宛に送る暑中見舞いの文例

暑中お見舞い申し上げます
今年も暑さの厳しい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
日頃は何かとお心にかけてくださりありがとうございます。
おかげさまで、私どもは何事もなく元気に過ごしております。
連日の猛暑で夏バテなどされませんよう、くれぐれもご自愛くださいませ。

平成○年 盛夏

相手の安否を伺う言葉のあとに、日頃の感謝の気持ちを書いても良いでしょう。
また、お中元をいただいた方への暑中見舞いであれば、「家族も喜んでいた」というように具体的なお礼を述べることをおすすめします。

・夏の暑さを乗り切る品物がおすすめ

暑中見舞いで品物を贈る場合、とくに暑さが厳しい時期ということもあり、ビールや清涼飲料水、ゼリーなど「涼しさ」を感じられる品物がおすすめです。
ただし、アルコール入り飲料が飲めない相手にビールを贈らないようにするなど、相手の好みが分かっていれば、贈る品物には配慮するようにしましょう。

また、前年より金額を下げた品物を贈ることは失礼にあたると言われていますので、あまりにも高額なものは避けたほうが無難です。

お中元をいただいた場合には、本来お返しを必要としませんが、お返しをしたい相手であれば、お返しの品物は、同額程度にすることが一般的なマナーです。頂いた品物よりも明らかに高額の品をお返しした場合は、「次からはお中元を贈らないで結構です」という意味合いがありますので注意しましょう。
頂いた品物と被らないようにする配慮も必要です。好きなものを相手に選んでもらえる「カタログギフト」は、暑中見舞いとして人気があるようです。

暑中見舞いを贈るうえで知っておきたいマナー

暑中見舞いを贈る際に気をつけたいマナーをいくつかご紹介します。相手に失礼のないように注意点をチェックしておきましょう。

・喪中のときは時期を考慮しよう

暑中見舞いの本来の目的は、「一年で最も暑さが厳しい時期に、相手を気遣うこと」であるため、相手、もしくは自分が喪中であっても挨拶状や品物を贈ること自体に問題はありません。しかし、初七日が終わらないうちや、四十九日経っていないうちなど余裕がない場合は、時期をずらして、残暑見舞いとして贈ったほうが良いでしょう。

※喪中…一周忌、忌中…四十九日

・送り状やお礼状は忘れずに

暑中見舞いを品物で贈る際は、送り状を別で送る、または品物に同封するのがマナーとされています。基本的には、品物より先に送り状が届くのがベストです。送り状が品物よりあとになることは避けましょう。
逆に暑中見舞いをいただいたときも、お礼状を贈りましょう。

マナーを守って相手に失礼のない暑中見舞いを贈ろう

暑中見舞いは文字通り、暑さの厳しい季節に贈るお見舞いであり、日頃の感謝の気持ちを伝えるものでもあります。暑さを乗り切れるような品を選び、適切なタイミングで贈るようにしましょう。
また、暑中見舞いを挨拶状で出す場合は、相手の健康を気遣った文章を自分なりの言葉で書くようにすると、より気持ちが伝わります。しっかりマナーを押さえて相手に失礼のないようにしましょう。