JR東海JR東海

いいもの探訪 JR東海がお届けする沿線地域の逸品・名産品などのご当地情報を紹介するサイト

意外と知られていない?お中元につける熨斗(のし)のマナー

熨斗(のし)

日頃お世話になっている親戚や知人、取引先へ贈る「お中元」には熨斗(のし)をつけるのが一般的です。ここでは、お中元に適した熨斗の選び方や正しい書き方などのマナーについてご紹介します。なぜ熨斗をつけるようになったのか、その由来もあわせて解説していますので、ぜひ参考にしてください。

熨斗(のし)の由来

贈答品につけられることの多い「熨斗(のし)」は、「熨斗鮑(のしあわび)」と呼ばれるアワビの干物が由来とされています。

熨斗鮑は、アワビを薄く長く伸ばして乾燥させて作ることから「命を延ばす」という意味があります。長寿延命を願う縁起物として、お祝いごとの贈り物に添えていたようです。のちに昆布や紙で代用するようになり、現在の熨斗になったと考えられます。

また、本来熨斗とは掛け紙の右上についている「飾り」のみを指し、熨斗飾り・水引・掛け紙の組み合わせでできたものを「熨斗紙(のしがみ)」と呼びます。 今では熨斗紙のことを略して「熨斗」と呼ぶことも少なくありません。

お中元につける熨斗のマナー

熨斗には、水引の色や結び方の違い、熨斗飾りの有無などさまざまな種類があり、贈答品や粗供養(そくよう)といった贈る場面によって使い分けられています。

「末永く変わらぬお付き合いを」という挨拶や、日頃のお礼を伝えるために継続的に贈るお中元だからこそ、ふさわしい熨斗の種類や、注意したいマナーについて覚えておくことが大切です。

・お中元を贈るときに使う熨斗

お中元を贈るときの熨斗には、紅白蝶結びの水引を使うのが通例です。
基本的な違いとして、「紅白蝶結び」と「結び切り」があります。

――紅白蝶結び

紅白蝶結びは結び目を何度でも結び直せることから、「何度あってもよい、お祝いごと」に多く使われています。お中元やお歳暮は何度繰り返してもよい事柄とされているため、紅白蝶結びの熨斗が使われているようです。

熨斗(のし)――紅白蝶結び

――結び切り

結び目を簡単にほどくことのできない結び切りは、一度きりであってほしい事柄に使われることが多いです。結び切りの熨斗を使う代表的な事柄としては、婚礼のお祝いごとや快気祝い、また葬式の香典などがあります。
お祝いごとに使われる水引の色は紅白で、本数は5本や7本の奇数が一般的とされていますが、婚礼関係で使われる熨斗では水引が10本のものがほとんどです。「夫婦は二人で一つ」という意味合いがあり、5本を二つ合わせて一組にするためと言われています。
お葬式やお通夜などに使われる水引の色は白黒の結び切りになります。一部の地域では黄白の結び切りが使われているところもあるので注意しましょう。

熨斗(のし)――結び切り

――略式で使われる「短冊のし」

紙資源の節約といったエコの観点から、短冊の形をしている「短冊のし」も多く見られるようになりました。短冊のしは、品物の正面の右上に貼るのが一般的です。あくまでも略式のものであるため、目上の方へのお中元では避けたほうが良いと言われています。特別な理由がないかぎりは避けたほうが無難です。

――喪中時には注意

自分や相手が喪中だと分かっている場合には、熨斗飾りや水引のない「白無地のし」や「白短冊」が良いとされています。万が一、相手が喪中であることを知らずに紅白蝶結びの熨斗をつけて贈ってしまった場合は、お詫びの電話をするかお線香をあげに行くといった配慮ある対応をすると良いでしょう。

・内のし・外のしの違いは?

お店で熨斗をお願いしたとき、「内のし、外のしはどちらにしますか?」と聞かれて悩んだ経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

直接相手に手渡すときは包装後に熨斗をする「外のし」、宅配便で配送する場合には配送中に熨斗が破れないように、熨斗をかけた上から包装する「内のし」が選ばれています。
贈る場面によって使い分けると良いでしょう。

・生ものに熨斗飾りは不要

生ものを贈る場合には熨斗飾りのないものを選ぶのがマナーとされています。
これは、熨斗飾りの由来がアワビであることから、「生ものに熨斗飾り」は意味が重複してしまうといった理由が考えられています。

主なものとして、魚介類や生肉、かつお節、鶏卵などには不要と言われていますので、これらの品を贈る際は、熨斗飾りのない水引のみの掛け紙を使うと良いでしょう。

正しい熨斗の書き方を覚えよう

贈答品につけることが多い熨斗は、相手に失礼のないよう表書きや名前の書き方を正しく覚えておきたいものです。

大抵の場合、表書きには「贈る目的」を書き、名前は「贈り主」を書きます。
また、贈り主の人数や立場によって名前を書く位置が変わってきますので、熨斗を書く前にチェックしてみましょう。

・表書きの正しい位置と書き方

表書きは、水引中央の結び目から上に「お中元」または「御中元」と書き、水引より下段中央には贈り主である自分の名前を書くことが通例です。
名前は縦書きにし、「お中元(御中元)」よりやや小さめに書くことがマナーとされています。

また、誰もが読みやすいよう楷書体で書くことが望ましく、水引や飾りに文字がかからないようにすると見た目もきれいです。

・個人で贈るときにはフルネーム

個人でお中元を贈る際は、どのような相手にも失礼のないよう、原則としてフルネームを書きます。

夫婦で贈る場合には、姓のみ、または夫のフルネームを書くのが一般的です。
妻の名前を入れるのであれば、右側に夫の名前をフルネームで書き、左側に妻の名前を書くのが一般的です。このとき、名前の始まりをそろえると見栄えが良くなります。

・連名または代表者の名前を書く

連名の場合は、職位や年齢の高い順に右から名前を書き入れます。
とくに順位のない関係であれば、五十音順に書くと良いでしょう。

なお、連名とするのは3名までが理想です。
3名以上で贈る場合には、中央に代表者の名前のみを書き、左側に「他一同」とやや小さく書き添えることが多いです。代表者以外の名前は、職位や年齢の高い順に右から書き入れた紙を中包みに添えておくこともマナーの一つです。

・会社名は名前より小さめに書く

名前に会社名を添える場合、個人・連名にかかわらず、名前の右側に小さめに会社名を書くのが通例です。
また、英数字が含まれる会社名は、アルファベットではなくカタカナ表記にするとスッキリとした見た目になることもあります。文字数が多くなるようであれば、全体のバランスに注意しながら書くと良いでしょう。

・何を使って書くのが良いのか

表書きと名前は毛筆で書くことが一般的です。
最近では、筆ペンやサインペン、フェルトペンで書かれることも増えていますので、毛筆が苦手という方は、筆ペンやサインペンなどを使って書くと良いでしょう。

また、お祝いごとでは濃い黒で太字にするのが常識とされているため、ボールペンや万年筆、黒以外のペンなどを使って書くことは避けたほうが良いでしょう。

お中元は気持ちよく受け取ってもらおう

お中元を贈る際に注意しておきたいマナーは以上のようにたくさんありますが、熨斗はお中元以外にもお歳暮やお礼、お祝いごとといったさまざまな場面で使うことが多いため、熨斗の種類や表書き・名前の書き方を知っておいて損はありません。

最近では、無料でダウンロードできる熨斗のテンプレートを用意しているWebサイトがあります。
親しい相手向けの柄入りのデザインも増えているようなので、贈る場面や相手に相応しいテンプレートを活用してみてはいかがでしょうか。