JR東海JR東海

いいもの探訪 JR東海がお届けする沿線地域の逸品・名産品などのご当地情報を紹介するサイト

お中元の基礎知識!マナーを守って感謝の気持ちを伝えよう

お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈るお中元。時期や品物の金額には慣習がありますが、どこまでご存知でしょうか。熨斗(のし)やお礼状の書き方にも、覚えておきたいマナーがあります。相手と気持ち良く関係を続けるために、お中元の正しい知識を身に付けておきましょう。

お中元

お中元は、親しい友人や仕事でお世話になった方など、大切な方へ日頃の感謝の気持ちを表す手段として古くから日本に根付いてきた文化・習慣の一つです。「お中元ギフトのなかからなんとなく品物を選んで贈れば終わり」という方もいるかもしれませんが、お中元にはさまざまなマナーやルールが存在します。相手に対して失礼にならないように、正しい知識を身に付けて贈るようにしましょう。

お中元とは?

四季の移ろいがはっきりと感じられる日本には、季節の節目に普段からお世話になっている方や友人の健康を気遣う習慣があります。お中元を贈る行為もその一つで、親族や縁者とお供え物を配るという日本の習慣がもとになっています。

「中元」とは旧暦の7月15日のことで、中国では罪を赦してくれる神様の誕生日とされており、「罪を償う」意味のある日でした。
そのならわしが日本に伝わった後、仏教の盂蘭盆会(お盆に祖先の霊を供養するためにお供え物を配る習慣)と混ざり、「お盆のころに、お世話になっている人に感謝の気持ちを込めて品物を贈る」という行為に変化したのが現在のお中元と言われています。

お中元を贈る時期は?

お中元の時期は一般的に7月1日〜8月15日と言われていますが、地域によって違いがあることをご存知でしょうか。東日本と西日本では半月から1ヶ月ほど差があります。
東北や関東では7月1日〜7月15日、関西・中国・四国では7月中旬〜8月15日、九州では8月1日〜8月15日がお中元のおおよその時期です。時期遅れのお中元を贈ることは相手にとって失礼にあたります。相手の住む地域に合わせて早い段階からお中元の準備をしておきましょう。

・東日本におけるお中元の時期

東北・関東では7月1日〜7月15日、北海道と東海では7月中旬〜8月15日の約1ヶ月間がお中元の時期とされています。北陸はやや特殊で、お中元の時期を7月1日〜7月15日としているところと7月15日〜8月15日としているところで分かれています。石川県では金沢市と能登町でお中元の時期が違うため、県内でお中元を贈り合う場合にも注意が必要です。心配な場合は7月15日頃に届くようにお中元を贈ると良いでしょう。
地域差はありますが、東日本ではおおよそ7月1日〜8月15日がお中元の時期として一般的に言われています。

・西日本におけるお中元の時期

関西・中国・四国では7月中旬〜8月15日、九州では8月1日〜8月15日がお中元の時期とされています。全国的に見ると九州はお中元の時期が遅いという特徴がありますが、さらに特徴的な地域が沖縄県です。沖縄県では旧暦の7月13日〜7月15日にお中元を贈るしきたりがあります。現在の暦に照らし合わせると8月中旬〜9月初旬がお中元の時期となります。毎年旧暦のカレンダーで正しい日にちを確認してから贈るようにしましょう。

沖縄県のように特殊な例もありますが、西日本ではおおよそ7月中旬〜8月15日をお中元の時期と考えるのが一般的です。

お中元の時期についての詳細はこちら

贈る品物の相場を知ろう

お中元を贈るとき、贈る品物の金額は悩みの種ではないでしょうか。
贈り物の金額が高すぎると相手に気を遣わせてしまい、反対に安すぎても失礼にあたってしまいます。一般的な相場は3,000円〜5,000円と言われており、基本的にはその範囲で金額を決めるのが無難です。
相場の金額を参考にしつつ、お中元を贈る相手と自分との関係を踏まえて贈り物の金額を考えましょう。

・金額を考えるときに注意したいこと

お中元は年中行事の一つです。そのため、毎年贈ることを考慮する必要があります。好ましくないのは、特別な理由がないのに、贈り物の金額が年によって上がったり下がったりすることです。特に、前年贈ったものよりも安いものを贈るというのは失礼にあたります。毎年一定額の贈り物を選ぶようにしましょう。
また、商品券や現金は金額を一律に保てる贈り物として選びがちですが、目上の方に贈るのはマナー違反となるため注意しましょう。

お中元の金額についての詳細はこちら

覚えておきたい熨斗(のし)のマナー

お中元を贈る際の一般的なマナーの一つとして、熨斗(のし)をつけることが挙げられます。熨斗の種類はどの水引が用いられているかによって異なります。また、水引の選び方にもルールがあります。熨斗を選んだ後は、名前の書き方や書く場所にも気をつけなければなりません。せっかく贈り物を用意しても、熨斗の選び方や名前の書き方を間違えていたら、格好がつかないだけでなく相手にも失礼です。お中元を贈る際の正しい熨斗の選び方や書き方を頭に入れておきましょう。

・お中元には紅白蝶結びの熨斗(のし)を使う

熨斗は、「紅白蝶結び」「紅白結び切り」「黒白結び切り(黒水引)」など、水引の結び方にも種類がいくつかあります。場面によってふさわしいとされる水引は違うので、お中元に適切な結び方を覚えておきましょう。

――紅白蝶結び
紅白蝶結びの水引は、何度も結んだりほどいたりできる蝶結びのように、何度あっても良い祝いごとのときに使われます。

――紅白結び切り
紅白の結び切りは、一度結ぶと引っ張っても結び直すのが難しいことから、何度も繰り返すことのないようにとの想いを込め、結婚のお祝いに使われます。

――黒白結び切り(黒水引)
黒白の結び切りは紅白結び切りの水引同様に一度結ぶとほどいて結び直すのが難しいことから、二度とあってほしくない弔事や災害見舞いに使われます。

お中元は何度繰り返しても良いことのため、「紅白蝶結び」が使われます。ただし、自分や相手が喪中のときにお中元を贈る際は熨斗や水引を使うのを避け、無地の白い紙に「お中元」もしくは「御中元」と書くようにしましょう。

さらに、熨斗には贈り物に直接熨斗をつける「内のし」と、贈り物を包装紙で包んだ上から熨斗をつける「外のし」があります。手渡しをする場合は「外のし」、宅配便で贈る場合は熨斗が破れてしまう恐れがあるため「内のし」にする、といった使い分けが一般的です。
贈り物の渡し方や相手に伝えたい想いによって工夫できるのが熨斗の魅力です。お中元にも、それに見合った熨斗を選ぶようにしましょう。

・熨斗の正しい書き方とは

熨斗には贈り物の目的や送り主の名前などを書きますが、そこにはいくつかのルールが存在します。例えば、熨斗の表側の水引の上には「お中元」や「御中元」といった贈り物の目的を書き、水引の下には贈り主の名前を書きます。その際、毛筆を使うのが正式な形ですが、手に入らない場合は、筆ペンやフェルトペンなど、太くて黒いペンを代用すると良いでしょう。
熨斗は贈り物の顔とも言える大切な役割を果たします。正しいルールで掛けるようにしましょう。

お中元の熨斗についての詳細はこちら

お中元をもらったらお礼状を贈ろう

お中元をもらったら、お礼状を出して感謝の気持ちを伝えましょう。お中元の贈り方と同様に、お礼状の書き方にもルールがあります。また、お中元を受け取ったらできるだけ早くお礼状を出しましょう。お中元を受け取った当日にお礼状を出すのがベストです。

・気をつけたいマナー

お礼状は手紙またはハガキで出すのが一般的です。頭語・結語や時候の挨拶など、文章の構成にも慣習があるので、ポイントをおさえておきましょう。最近はメールや電話でお礼の言葉を伝えることも珍しくありませんが、仕事上の付き合いがある方へメールで感謝の気持ちを伝える場合、絵文字の使用は控えるといった配慮が大切です。メールや電話でお礼の言葉を伝える場合でも、お礼状は別で送るようにするのがマナーとされています。

・お礼状の書き方を覚えよう

お礼状の書き方は相手が個人であるか、会社や取引先の方であるかによって異なります。会社や取引先の方へのお礼状はフランクになりすぎないよう注意が必要です。装飾がない便箋を使うだけでもフォーマルな印象となるでしょう。

また、家族などが代筆でお礼状を出す場合、代筆を示す一言を書き加えることや、差出人の左横に書き加える脇付(わきづけと呼ぶ。一層の敬意を表すために相手の宛名に書き添える語のこと)を変えるといったルールがあります。

お礼状を出す場合に備えて覚えておきたいのが文章の構成です。以下はお礼状の大まかな流れとポイントです。

――頭語・結語
文頭に「拝啓」や「前略」といった頭語を持ってくることで丁寧な印象を与えることができます。文末は「敬具」や「早々」といった結語で書き終えます。

――時候の挨拶
文章の初めは「大暑の候」「猛暑の候」「晩夏の候」などの時候の挨拶からスタートしましょう。

――相手の健康や近況を尋ねる文章
時候の挨拶の後には、お中元を贈ってくれた相手の最近の様子や健康を尋ねる文章を入れましょう。

――お中元への感謝の言葉
受け取ったお中元に対する感謝の気持ちを述べます。「おいしくいただきました」「家族も喜んでいます」など、自分の言葉で具体的に伝えると、より感謝の気持ちが伝わります。

――相手の健康を願う言葉
最後に、「まだまだ暑さが続きますので、ご自愛ください」、「くれぐれもお身体にお気をつけください」といった相手の健康を気遣う文章を添えます。

――日付・差出人
結語を記載したら、最後に日付と差出人の名前を入れます。

お礼状の構成がなかなかイメージできないという方は、ウェブサイトや書籍などの例文を参考にしながら文章を組み立ててみるのがおすすめです。何度か送り続けるうちに構成のパターンが身に付くはずです。ルールを守ってお礼状を書くことで、お中元をもらった相手に十分に感謝の気持ちを伝えることができるでしょう。

お中元のお礼状についての詳細はこちら

夏の風物詩の一つ「暑中見舞い」お中元とはどう違うの?

日本の夏の風物詩となっている行事として、お中元のほかに暑中見舞いがあります。
お中元と暑中見舞いはそれぞれに含まれる意味や贈る時期が異なります。お中元には「上半期の感謝の気持ちを伝える」、暑中見舞いには「夏の時期に相手の健康を気遣う」という意味が含まれています。また、贈る時期に地域差のあるお中元とは異なり、暑中見舞いには地域差がなく、7月中旬〜立秋の時期に贈るのが一般的です。

暑中見舞いと同じく、夏に出す挨拶状として慣習となっているものに残暑見舞いがあります。両者は混同されがちですが、残暑見舞いは、「まだまだ暑さが続きますので、お身体に気をつけてお過ごしください」という相手への配慮を表すものであり、立秋を過ぎてから贈答品や挨拶状を贈る場合が残暑見舞いとされています。

・品物と挨拶状、どちらを贈っても良い

お中元には贈答品を贈り、暑中見舞いには挨拶状を贈るというイメージをお持ちの方も多いかもしれませんが、暑中見舞いに贈答品を贈る慣習もあり、どちらの形でも良いとされています。

挨拶状を送るときには構成や書き方に注意して書くことが大切です。暑中の挨拶や結びの挨拶などを忘れないといった構成はもちろん、見やすいレイアウトにするといった配慮も自然に取り入れたいところです。例えば、「暑中お見舞い申し上げます」などの暑中の挨拶文は、その後に続く文章の文字よりもやや大きくすると、見やすくなります。

・暑中見舞いを贈るときの注意点

暑中見舞いを贈るとき、送り主である自分もしくは送り先の相手の喪中と重なっても、一般的に問題はないとされています。しかし、初七日や四十九日を迎えていない場合や慌ただしい場合には、時期を遅らせて暑中見舞いから残暑見舞いに切り替えることも考えておきましょう。
また、品物を贈る場合には送り状を、いただいたお中元や暑中見舞いのお返しとして品物を贈る場合にはお礼状を添えることを忘れないようにしましょう。送り状は品物よりも先に届くようにするのが望ましいので、品物を贈る前に出すか、品物に同封するようにしましょう。

暑中見舞いについての詳細はこちら

正しくお中元を贈り相手と良い関係を築いていこう

お中元に贈る品物の選び方や贈り方、熨斗やお礼状の書き方など、さまざまなマナーをご紹介しましたが、いずれも一般的なマナーとされているものです。一度正しいお中元の知識を身に付けておけば、今後の友人関係やビジネスシーンできっと役に立つはずです。
年中行事の一つであるお中元を通して日頃の感謝を伝え、相手とより良い関係を築いていきましょう。