pref_ng

アトリエ・ド・フロマージュの傑作 ブルーチーズ

ヨーロッパに負けない本格的ブルーチーズを目指して研究を重ねたアトリエ・ド・フロマージュの傑作です。青カビチーズ特有の刺激と香気に加えてクリーミーで独特な甘さがあり、特徴のある風味を持った逸品。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    本場で金賞に輝いた「こだわりのブルーチーズ」

      アトリエ・ド・フロマージュは1982年創業以来、原料と製法にこだわり、最高品質の乳製品を製造している信州の手づくりチーズ工房です。日本で初めて製品として「生チーズ」の製造を始め、現在では本場フランスで学んだ技術をベースに、独自の製法で個性的なチーズ作りを実践しています。原料の生乳はフロマージュ牧場のジャージー種と近隣牧場のホルスタイン種をブレンド。チーズの種類ごとに割合を変え、調整しています。
     また、工房のある信州・東御市は「日本のブルゴーニュ」と言われるほどチーズの本場・フランスに似た風土を持っている日本でも有数の小雨地帯で南斜面の丘陵地帯です。標高は900mほどで発酵食品を作るには最適の地と言われています。
     工房傑作の一つであるブルーチーズは、ヨーロッパに負けない本格的なものを目指して研究を重ねたアトリエ・ド・フロマージュの青カビチーズの傑作です。ジャージー種の牛乳にホルスタイン種の牛乳を加えて、原料乳を厳密に調整して作ります。
     青カビチーズ特有の刺激と香気に加えてクリーミーで独特な甘みがあり、大変に特徴がある風味になります。製造日から3ヶ月くらいするとチーズ内部の青カビの周囲が白くなってくるころが食べ頃です。製造日から6ヶ月までお召しあがりいただきます。極甘口・赤ワイン、蜂蜜やナッツとの相性は抜群です。
     ジャパンチーズアワード2014年でグランプリを受賞し、同年フランスのトゥールで開催された国際ナチュラルチーズコンテスト『モンディアル・デュ・フロマージュ』で最高賞であるスーパーゴールドを受賞した傑作です。
     信州の豊な自然が育んだチーズの奥深い世界をご堪能ください。

    生乳の種類

      チーズに使っているミルクは、地元の牧場から集められたホルスタイン種(白黒)と、フロマージュ牧場で飼育しているジャージー種(茶)の2種類のミルクを使ってそれぞれのチーズによって割合を変え製造しています。
     そのほかに農林水産省所管の独立行政法人家畜改良センターで飼育されている山羊(ザーネン種)の良質なミルクを使い、季節限定(5月頃〜10月末頃まで)で毎週火曜日に山羊乳チーズを作っています。ヨーグルトにはチーズで使われているホルスタイン種のみを使用しています。

    チーズについて

      アトリエ・ド・フロマージュのチーズは現在20種類ほどあります。製品第一号の「生チーズ」をはじめ、航空会社のファーストクラスで使われた「カマンベール」、モンドセレクション金賞を受賞した「カマンブルー」、ジャパンチーズアワード2014グランプリ、2015年にフランスのトゥールで開催された国際ナチュラルチーズコンテスト『モンディアル・デュ・フロマージュ』で最高賞であるスーパーゴールドを受賞した「ブルーチーズ」、2013年にリニューアルオープンした軽井沢熟成所で熟成させている「軽井沢熟成チーズ」などフレッシュチーズから白カビタイプ・青カビタイプ、ウォッシュタイプやシェーブルタイプ、セミハードまで幅広く製造しています。
     これらはフランスでのチーズ留学で学んだ技術をベースに、この東御市にあった独自の製法で個性的なチーズ作りを実践しています。また、年に一回フランスから講師の方を招いて、技術向上のためスタッフの研修も行っています。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   アトリエ・ド・フロマージュは千曲川を見下ろす河岸段丘に工房を構え、1982年から本格的にチーズの製造を始めました。
       「ナチュラルチーズ」を作ってみたいと考え夫婦でフランスに渡り、チーズや乳製品について学びました。そこではチーズの作り方だけではなく、チーズの奥深さ、食事を楽しむ文化を体感しました。これからもチーズを作るだけではなく、それを文化にまで高めようとする取り組みを進めていきたいと考えております。
       そして今ある自然を活かしながら地域の方々との繋がりを大切にし、夢のある商品作りに精進して参りたいと思います。

      (アトリエ・ド・フロマージュ 名誉会長 松岡茂夫)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る