pref_ng

善光寺の門前みそ蔵「すや亀」究極をめざすみそ2kg

善光寺の老舗門前みそ醸造元である「すや亀」が、素材と製法にこだわってつくった数量限定の「究極をめざすみそ」。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    厳選した素材と昔ながらの製法でつくられた「究極をめざすみそ」

      「究極をめざすみそ」は、善光寺の門前みそ醸造元である「すや亀」が原材料のすべてを生産の段階から見極めて厳選し、手間を惜しまぬ昔ながらの製法で、じっくり時間をかけて発酵・熟成させた味噌です。
      原料は、無農薬特別栽培米のコシヒカリ、無農薬特別栽培の大豆、伝統製法で作った伊豆大島の自然海塩を使用。杉の木おけの中で手間暇かけて自然の発酵・熟成を促すことにより、まろやかな味と香りを備え、ふっくらと仕上がります。
      このこだわりの味噌は手作りで少量生産のため、醸造元では予約のみの限定販売となっていますが、今回は特別に数量限定でお届けします。

    善光寺の門前みそ醸造元「すや亀」の逸品

      長野県は、令制国の信濃国に因み「信州」と呼ばれることも多く、様々な観光地を擁する自然豊かなエリアです。南北に長く、複雑な地形であるため、地域ごとに多様性を持っており、様々な種類の農作物を生産している地域です。
      その信州の清澄な空気の中、昔ながらの変わらぬ製法と味を守りつづけて百十余年。「一生に一度は善光寺詣り」で有名な善光寺の門前みそ醸造元である「すや亀」では、味噌づくり三代の暖簾を守りながら、味噌の新しい可能性に挑戦しています。
      土蔵造りの味噌蔵でじっくり仕込んだ山吹色で香りの高い自慢の味わいをどうぞご賞味ください。

    つくり手のこだわり

    •   味噌は言わずと知れた“日本の伝統的食文化”のエース格。ただし、一方で味噌を食べない方が増えているのも現実です。これはお米の消費の減少と連動していて、味噌汁が飲まれなくなったことに一番の原因がありそうです。
        栄養価からみても、その美味しさからみても突出して評価される味噌という食材を、一人でも多くの皆さんに愛していただきたい、楽しんでいただきたい、と考え味噌づくりに励んでいます。
        信州の清澄な空気の中、昔ながらの変わらぬ製法と味を守りつづけて百十余年。善光寺の門前みそ醸造元である当店の味噌を通じて、信州の味と香りを楽しんでください。

      (有限会社酢屋亀本店 代表取締役社長 青木 茂人)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る