pref_me のし対応可

尾鷲の鯛専門店 真鯛のお刺身くん製

活け締めしてすぐの新鮮な真鯛のウロコを丁寧に除き、三枚におろした後、広葉樹を燻して作った燻液と尾鷲海洋深層水の塩、砂糖を合わせた調味料液に一晩漬け込むと、ほのかに燻の香りをまとったお刺身になります。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    燻しの香りをほのかにまとった「真鯛のお刺身」

      三木浦湾は、水深が深く、鯛が十分に泳ぎまわれるため、身が引き締まった真鯛を育てることができます。その鯛を活け締めしてすぐの新鮮な真鯛のウロコを丁寧に取り除き、三枚におろしてから腹の部分の血合いを取り除いたりとおいしく仕上がるよう、ひと手間かけています。
      そして香りのいい広葉樹を燻し、蒸留させてつくった燻液に尾鷲海洋深層水の塩と砂糖を入れ、真鯛に合うよう味をととのえてから一晩漬け込みます。すると、真鯛はほのかに薫る燻しの香りをまとったお刺身となります。
      食感と皮の美味しさを楽しんでいただきたく、皮はつけていますのでそのままお召し上がり下さい。

    新鮮さへのこだわり 水揚げから2時間以内に加工

      淡白な味わいの真鯛は時間がたつと生臭さが出てしまいます。めでたい屋では、真鯛を目の前の海で水揚げ後、すぐさま活け〆めし、水揚げから2時間以内にエラと内臓を取り除き、3枚におろします。刺身で食べてもおいしいほど新鮮です。鮮度にこだわることで、「真鯛」本来の味を損なわずに工夫しています。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   三重県南部熊野灘に面した尾鷲市三木浦の「鯛専門店めでたい屋」です。三木浦はかつて遠洋漁業の基地でしたが、魚が枯渇するうち、養殖漁業が始まり、真鯛の養殖が盛んな地域となりました。
        山々が重なり合うように海の周りをぐるりと囲む三木浦は、台風の影響を受けにくく穏やかな湾です。また、水深が深いことから、十分に泳ぎまわれるため、身が引き締まった真鯛を育てることができます。
        私たちは三木浦で育った新鮮な真鯛の美味しさを広く知ってもらいたい、三木浦の漁業文化を守りたいと35年鯛の加工一筋に頑張っています。
        お祝い事や、もちろん普段の食卓にも鯛はとても食欲をそそる美味しい食べ物です。どうぞ味わってみて下さい。

      (三和水産 代表 小川 康成)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る