pref_ky のし対応可

京湯葉ゆば庄 乾燥湯葉詰合せ

乾燥湯葉は、職人が一枚一枚丁寧に薄く上げているため、水で戻す必要がありません。そのまま、お吸い物やうどん、そば等に入れていただけます。食感が良く、お出汁も含みます。創業当初から変わらぬ自慢の逸品です。

  • 3,240円(税込)
  • 内容量:乾燥湯葉詰合せ(大牧湯葉×15、小牧湯葉×12、大原女湯葉×4)
    賞味期限/消費期限:製造日から120日
    保存方法:常温
    お知らせ:直射日光を避け、冷暗所で保存してください。
  • 送料 / 原材料名・成分 / アレルゲン / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    京都で愛されてきた「ゆば」

      湯葉は鎌倉時代に中国から伝来したとされ、公家や寺院だけに許された高級食材でした。その後は禅宗などのお寺で参詣客に振舞われる精進料理の素材として使用され、古くから政治文化の中心として栄えてきた京都では、茶懐石・京料理と共に、そこに欠かせない貴重な食材として常にその存在価値を高めてきました。
    ゆば庄は、明治18年の創業以来、湯葉づくりを素材・製法からこだわり続けている老舗です。今日では一般的になった湯葉窯の考案や、乾燥湯葉の製造が中心だった業界に、先駆けて「生湯葉」を提案するパイオニアでもあります。京都駅前の本店では、様々なゆば商品をお買い上げいただけます。

    創業当初から変わらぬ逸品

      大豆をひと晩水につけ、石臼で丁寧に挽き、清らかな軟水と一緒に煮たものを布で濾すことでできるのが豆乳です。その豆乳を煮沸かし、表面に張った薄い膜をすくいとったものが湯葉です。
     乾燥湯葉は、職人が一枚一枚丁寧に薄く上げているため、水で戻す必要がありません。そのまま、お吸い物やうどん、そば等に入れてお召し上がりください。食感が良く、お出汁も含みます。創業当初から変わらぬ自慢の逸品です。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   明治18年の創業以来、湯葉づくりを素材・製法からこだわり続けてきました。今日では一般的になった湯葉窯の考案や、乾燥湯葉の製造が中心だった業界に、先駆けて「生湯葉」を提案する等、古き良きものを守る力と進取の気概を備えた仏教でいう伝燈を礎に湯葉にこだわり続けるひとすじの味「ゆば庄」の湯葉を是非ご賞味ください。
      (ゆば庄 専務取締役 橋本慶一郎)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る