pref_gf のし対応可

飛騨牛の名付け親 飛騨牛ステーキ(ロース)

「飛騨牛」の名付け親とも呼ばれている吉田ハム。飛騨牛販売指定店第一号、地元でも愛されている名店吉田ハムの飛騨牛ロースステーキを贅沢にお召し上がりください。

  • 12,960円(税込)
  • 内容量:飛騨牛ステーキ(ロース)約190g×2枚、ステーキソース100g、ステーキスパイス3g
    賞味期限/消費期限:飛騨牛ステーキ(ロース)製造日より120日、ステーキソース製造日より365日、ステーキスパイス製造日より12ヶ月
    保存方法:冷凍
    お知らせ:・マイナス18℃以下で保存してください。 ・冷凍でお届け致しますので、お召上がりの際は、冷蔵庫でゆっくり解凍してから調理して下さい。
  • 送料 / 原材料名・成分 / アレルゲン / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    まろやかで柔らかく、豊潤で上質な飛騨牛の旨み

      今や押しも押されぬ有名ブランド牛である「飛騨牛」とは、名牛「安福号」の子孫を中心に、岐阜県の山と水が織り成す素晴らしい自然と、畜産農家の人々の深い愛情、優れた飼育技術によって肥育された黒毛和種の中でも、@岐阜県で最も長く飼養されていること、A飛騨牛銘柄推進協議会が認定・登録した生産者によって岐阜県内で14ヶ月以上肥育されていること、B日本食肉格付協会によって肉質等級が5等級・4等級・3等級に格付けされたと協議会事務局が確認、認定していること、といった基準をクリアした牛肉だけが名乗れるブランドです。
      5年に一度開催され、和牛のオリンピックとも言われる「全国和牛能力共進会」において、飛騨牛は第8回・第9回と連続で「最優秀枝肉賞」を受賞しました。その肉質はまろやかで柔らかく、脂肪交雑が細かく、脂身の融点が低いので口に入れたときのとろけるような旨みが魅力です。豊潤で上質な肉の旨みをご堪能いただけます。
      

    とろけるような旨みの飛騨牛を贅沢にステーキで

      昭和10年創業の精肉店を発祥とする吉田ハムでは、食肉加工を通じて地域活性化に取り組もうと、昭和59年に「飛騨牛」の商標登録を取得。その後、岐阜県産牛肉の銘柄統一と推進に全面協力したことにより「飛騨牛」は岐阜県産ブランド和牛の名称として全国に発信され、吉田ハムは「飛騨牛の名付け親」と呼ばれるようになりました。
      岐阜県大垣市郭町にある吉田ハム本店は、県内の飛騨牛販売指定店第一号でもあります。登録農家として認定された直営牧場も持ち、最新の飼養管理で牛を肥育しており、工場内では衛生・品質管理に細心の注意を払って解体・脱骨し、部分肉に切り分けて出荷するなど、安全で高品質な食肉を召し上がっていただくための惜しまぬ努力をつづけています。
      この「飛騨牛ステーキ(ロース)」は、飛騨牛の中でも最もおすすめのロース肉をステーキカットしております。お好みの焼加減で、またサイコロ状にカットして強火でサイコロステーキにしていただいても美味しく召し上がれます。豊かな自然と清らかな水に恵まれた岐阜県で、愛情いっぱいに育てられた飛騨牛を、ご家族の大切な記念日などに贅沢にお楽しみください。

    つくり手のこだわり

    •   吉田ハムの歴史は、昭和10年、岐阜県大垣市で創業した精肉店「吉田本店」からはじまります。創業以来80余年のなかで、いつしか吉田ハムは、「飛騨牛の名付け親」と呼ばれるようになりました。
        「飛騨牛」の銘柄決定、また飛騨牛ブランド推進のための組織である「飛騨牛銘柄推進協議会」の設立に向けて岐阜県、岐阜県経済連(現JA全農岐阜)、そして吉田ハムが中心となり一体となって進めた取り組みを認めていただいた結果と考えております。
        飛騨牛の銘柄化は、県内産の良質な肉牛を安定供給したい、また村おこし、町おこしといった、地元の人々や畜産農家さん、私ども精肉事業者といった地域に関わる人々の想いの融合でもありました。
        これからも生産と販売を通じ他のブランド牛に負けないよう、より質の良い飛騨牛を目指してまいります。

      (株式会社吉田ハム 代表取締役社長 中平豊彦)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る