pref_ai

高香園 手摘み抹茶詰め合わせ

手摘みのみの茶葉を贅沢に挽き、豊かな香りと深い旨味をまるごと味わって頂ける、高香園自慢の抹茶セットです。 深い香りとほろ苦さのなかに感じる自然の甘みが特徴です。それぞれの違いをお楽しみ頂けます。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    歴史ある豊田のお茶畑

      豊田の茶栽培の起源は古く、江戸時代文化文政の頃、愛知県知立市八橋の無量寿寺住職・梅谷売茶翁が、茶を薬用効果がある飲み物として説き、全国に広め、 茶の種子を斡旋すると共に栽培方法も教えたと伝えられています。
     この時、花園村(豊田市花園町)に住んでいた、酒造りで有名な寺田伝兵衛が最初に茶の種を蒔き、茶畑を作りました。その後、近隣の吉原村、中根村に茶園を増加させ、刈谷藩の茶産業を担うようになったといわれています。

     高香園は、この歴史ある吉原町で古くから茶の栽培に携わってきました。昭和20年の創業以来、親子三代にわたり、 茶の木の自園栽培、製茶、販売を一貫して行っています。

    てしごとが織り成す高香園のお茶

      まず土壌をつくり、そこに茶の木を植え育て、ひとの手で丁寧に手摘みした茶葉を、園主の技術と経験で香り高いお茶へと仕上げる。お客様に「また飲みたい」「まいにち飲みたい」と思って頂けるよう、そこに至る全ての過程に、力と心を尽くす。それが、高香園のお茶づくりです。

     できあがるお茶の味には、木が根を張り育つ土壌の質が深く関わります。目指す美味しさのために、高香園はまず、土作りにこだわります。有機肥料を用い、農薬は控える。剪定をせず、できるだけ自然の叡智にまかせて、茶の木を自家栽培しています。

     新茶の季節、高香園の茶畑は、地元の女性たちの楽しげな声でにぎわい、陽ざしをたっぷり浴びた茶葉の胸のすくような香りに満たされます。「お茶摘みさん」が柔らかい新芽だけを選り分けながら、一枚一枚手摘みするのです。ひとの手で摘まれた茶葉は、飲み比べるとそれと分かるほど、旨みと香りが違います。

     そして、その年ごとの茶葉の具合に合わせて、蒸して乾燥させた荒茶。園主は、さらにもう一手間「火入れ」をします。見極めるその温度が高すぎても、低すぎても、お茶の香りを損ねてしまいます。しかしこれを経てこそ、高香園の「香り高く、印象に残るお茶」となるのです。

    茶葉そのものの旨みをどうぞ

      高香園の抹茶は、手摘み茶葉を贅沢に挽き、豊かな香りと深い旨味をまるごと味わって頂ける、園主自慢の抹茶です。 深い香りとほろ苦さのなかに感じるほのかな甘みが印象的です。
     長安は、旨味の凝縮した若い芽を手で早摘みし、その中でもコクと旨味のある茶葉を選んで仕上げた抹茶で、高香園の最上級の抹茶です。香り高いコクと旨みをお楽しみ頂けます。
    また、好昔も手摘みの最高級といわれる自然仕立て茶葉のみの抹茶で、旨み、苦み、甘みのバランスが良く、普段使いにおすすめの抹茶です。
     ひと息入れたいときに、手軽に点てて、茶葉本来の旨味と香りをお楽しみください。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   高香園には、ふだん飲むお茶を求めて、また、ちょっとお茶を一服、とたくさんのお客様が日々お見えになります。お茶屋というなりわいのこだわりは守りながら、お客様には気構えることなくくつろいで、お茶の美味しさを楽しんでいただきたい。いつもそんな思いで、店を開けています。

      【三代目園主 野場義尊】
      愛知県内では最高位の、茶審査技術六段を獲得。
      平成9年、第68回京都府茶審査技術競技大会、個人の部で優勝。

      (高香園 三代目園主 野場義尊 )
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る