JR東海JR東海

いいもの探訪 JR東海がお届けする沿線地域の逸品・名産品などのご当地情報を紹介するサイト

【お歳暮のマナー】贈る時・もらった時・断る時のシチュエーション別に解説

【お歳暮のマナー】贈る時・もらった時・断る時のシチュエーション別に解説

「お歳暮を贈り損ねて年が明けてしまったらどうしたらいい?」「のし紙の書き方は?」「金額の相場は?」「お歳暮が届いたらお返しは必要?」「そろそろお歳暮を贈るのを辞めたいけどどうしたらいい?」など、お歳暮を贈る時、もらった時、贈るのを辞める時など、それぞれの立場によってさまざまな疑問が浮かんできます。お歳暮に関するシチュエーション別のマナーをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

お歳暮を贈る時のマナー

お歳暮は、お世話になっている人に対して日頃の感謝を表す意味を込めて年末に贈るものです。そのため、お歳暮を贈る際には相手に失礼のないものを贈る必要があります。まずは、お歳暮を贈る時期やのしの書き方、どの様な相手に出すべきか、どの様なものを贈れば良いかなど、自分が贈る際のマナーについて解説します。

・お歳暮を贈る時期

お歳暮を贈る時期は、関東では12月上旬〜12月31日、関西では12月13日〜12月31日と地域によって多少の差がありますが、12月上旬から年末までが一般的です。ただし、年末の忙しい時期を避け、できるだけ12月20日くらいまでに贈るようにしましょう。

もしも年内に贈れなかった場合、関東は1月7日まで、関西は1月15日までに「お年賀」として、それ以降2月4日までであれば「寒中御見舞」として贈りますので、それぞれに合ったのしの表書きを使うようにしましょう。いずれの場合も、お歳暮として贈れなかったお詫びを先方にお伝えしておくのもマナーです。

なお、鮭や昆布巻きなどのお正月用の生鮮食品であれば、あえて年末に届くようにしても良いでしょう。

⇒「お歳暮を贈る時期はいつまで?贈り先や品選び、贈り逃した場合なども解説」はこちら

・のし紙の書き方

お歳暮を贈る際に使用するのし紙は、水引は慶事に用いる紅白、そして何度繰り返してもおめでたいことに用いる蝶結びを選びましょう。そして表書きには上段中央に「お歳暮」または「御歳暮」と書き、下段中央に表書きより少し小さめの字でフルネームを書くのが基本です。最近はマジックペンなどで書く方も増えていますが、本来は毛筆か筆ペンを使い、楷書体で丁寧に書くのが正式なマナーとされています。

また、お歳暮の品が海産物の場合は、一般的にのしはつけません。「のし」と「のし紙」は混同されることが多いですが、のし紙についている小さな飾りのことをのしと呼びます。古くからおめでたいものの象徴として贈り物に添えられていたアワビ(のしアワビ)が由来となっています。つまり、のしはアワビの代用品として添えるものですので、海産物を贈る場合にはのしは必要ないということ。この場合には水引だけの掛け紙を選び、表書きや名前は通常通りに書きましょう。

⇒「お歳暮の熨斗(のし)の種類・書き方・マナーを解説」はこちら

・お歳暮を贈る相手

お歳暮は、基本的にお世話になっている相手に贈るものです。職場の上司や取引先、両親や親族、仲人や媒酌人などは定番ですが、習い事の先生や友人、会社の同僚などに贈る方もいます。

ただし会社としてお歳暮等を禁止しているケースもありますので、職場の上司などに贈る場合には総務の担当者などに確認してみましょう。また、仲人や媒酌人などの場合は、一般的に最低3年間は贈った方がよいと言われています。

・定番の贈りものと価格の相場

贈る品は、ただ高価であればよいというわけではなく、逆に高価すぎると先方に気を遣わせてしまうことにもなります。相場は3,000円〜5,000円程度ですので、この金額を目安に選ぶとよいでしょう。

定番の贈り物としては、ハムやソーセージ、お酒やお菓子、魚介、肉類、コーヒー、乾物、缶詰、カタログギフトなどがありますが、お相手の家族構成や嗜好に合ったものを選ぶと喜ばれます。家族構成や嗜好が今ひとつわからないという場合には、保存がきく調味料や消耗品などがおすすめです。また、商品券は贈り物としても定番で、使い道が自由なことから贈られる側も喜ぶ品物ではありますが、場合によっては失礼にあたるため、気心の知れた相手以外に贈る際には十分気を付けましょう。

・喪中の場合

お歳暮を贈る自分側や、贈られる相手側が喪中の場合でも、御歳暮を贈っても差し支えはありません。ただし、のしや水引にはおめでたいという意味合いがあるため使用せず、白無地の奉書紙か短冊に表書きと名前を書くようにしてください。どうしても気になる場合には、あえて時期をずらし、お歳暮ではなく寒中見舞いとして贈る方法もあります。

また、忌中の場合はお歳暮を贈れませんが、四十九日が明ければ寒中見舞いとして贈ることができます。

お歳暮をもらった時のマナー

次に、お歳暮をもらった際のマナーを解説します。何らかの事情でお歳暮を受け取れない場合の失礼にならない断り方もご紹介しますので、参考にしてみてください。

・すぐにお礼状を出す

最も大切なのは、お歳暮が届いたらすぐにお礼状を出すということです。遅くとも3日以内には感謝の気持ちをお伝えしましょう。もしも遅れてしまった場合にはお詫びの文章を付け加えるようにしてください。

お礼状は縦書きの封書で手書きのものが最も丁寧ですが、お相手との関係によっては電話やメール、はがきでお礼を伝えてもよいでしょう。

⇒「お歳暮のお礼状の書き方は? ビジネス/個人別にマナーと文例を紹介」はこちら

・お歳暮のお返しは必要ない

お歳暮は感謝の意味で贈られるものなので、お返しをしなくても失礼にはあたりません。もし贈りたい場合にはお返しではなく、同額程度の「御礼」を贈るようにしましょう。

・お歳暮を断る場合

引っ越しや退職などで疎遠になるなど、何らかの理由でお歳暮を断りたい場合には、今回に限りお歳暮を受け取ったうえでこちらからも同額程度の品物を贈り、「今後はお気遣いなさいませんように」などと記したお礼状を贈るようにします。

どうしても受け取れないお歳暮が届いた場合には包みを開けず、さらに上から包装をし直してお礼を含めたお断りの手紙を添えて送り返すという方法もあります。

お歳暮を贈るのを辞める時のマナー

お歳暮は普段からお世話になっているお礼として習慣的に贈るものなので、やめる場合には失礼にあたらないように十分配慮しなければなりません。そこで、お歳暮を贈ることを辞める際のマナーをご紹介します。

・お歳暮を贈るのを辞めるのはどの様な場合?

お歳暮を贈ることを辞める理由については明確な決まりは無く、相手との関係性や贈る側の考え方次第で決まります。ただし、結婚式の仲人に対しては最低3年間、習い事の先生やお世話になっている医師などに対しては付き合いのある間など、贈る期間の目安もあります。

・お歳暮を贈るのを辞める方法

お歳暮を贈るのを辞めたい場合に特に決まった方法はありませんが、いきなり何の連絡もなくパタリと贈りものが途絶えたら先方もあまりよい気持ちはしないでしょう。何かあったかと心配されるかもしれません。

そこで、まずお歳暮とお中元を両方贈っている場合には、お中元から辞めるようにします。次に、御歳暮の贈りものの金額を減らしていきましょう。そして最終的にはお歳暮を贈らず、年末に挨拶状だけを贈るといった形で、段階を踏むようにするのが一般的です。

それぞれの立場でのマナーを知り相手への気使いを

お歳暮を贈る相手が決まったら、相手のことを考えて贈る品を選びます。そして、のしや贈る時期に気を付けて、必要に応じて時期をずらすなどの気遣いも必要です。また、お歳暮を頂いた場合にはできるだけ早くお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。もしお歳暮を贈るのを辞めたい場合でも、いきなり辞めるのではなく金額を減らすなどの段階を経て、最終的にはきちんと挨拶状を贈るようにします。
それぞれのケースごとのマナー、ぜひ参考にしてみてください。