JR東海JR東海

いいもの探訪 JR東海がお届けする沿線地域の逸品・名産品などのご当地情報を紹介するサイト

お歳暮を贈る時期はいつまで? 贈り先や品選び、贈り逃した場合なども解説

お歳暮を贈る時期はいつまで? 贈り先や品選び、贈り逃した場合なども解説

11月に入るとデパートやスーパーなどにお歳暮の特設売り場が設けられます。それを見て「もうそんな時期?」と感じたことがある方も少なくないでしょう。では、お歳暮はいつ贈るのが正しいマナーなのかご存知でしょうか?
この記事では、お歳暮を贈る時期や相手、お歳暮に人気の品などについてお伝えします。また、贈り逃した場合や贈った相手が喪中だった場合など、お歳暮に関するさまざまなマナーもあわせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

お歳暮を贈る時期

まずは、本来お歳暮を贈る時期と、贈るのが遅くなってしまった場合の対処方法についてお伝えしていきましょう。

・お歳暮は年末に贈る

お歳暮は、お世話になった人への感謝の気持ちとして、年の暮れに贈り物を持参してまわった「歳暮まわり」という習慣が元になっています。このことから、本来は「正月事始めの日」である12月13日〜12月20日までに贈るべきと言われていました。そして昨今では、基本的に関東では12月初旬〜12月31日、関西では12月13日〜12月31日というように地域によって時期が多少異なるものの、12月初旬〜12月31日に届くように贈るのが一般的です。

ただし、贈る相手が年越しの準備などで忙しくなることを考えれば、地域を問わず12月20日ごろまでに届くようにしたほうがよいでしょう。逆に、贈る品物がお正月に使用するための生鮮食品などの場合は年末ギリギリに届くような配慮も必要です。

最近はお歳暮ギフトを取り扱う百貨店などが実施する早期割引などの影響もあり、11月に入るとお歳暮の準備を始めて11月末に発送するケースも増えてきています。11月末に贈ってはいけないということはありませんので、基本的な時期を踏まえ、相手に迷惑が掛からない範囲で贈る時期を考えるようにしましょう。

・お歳暮を贈り逃した場合

何らかの理由でお歳暮を贈る時期を逃してしまった場合、のしの表書きを「お年賀」または「寒中御見舞」にして贈るという方法があります。

関東では年明けから1月7日の松の内まで、関西では年明けから1月15日までに贈る場合には「お年賀」として、それ以降2月4日の立春までに贈る場合には「寒中御見舞」というように表書きを使い分けましょう。いずれの場合も、お歳暮として贈れなかったことをお詫びし、先方には手紙か電話で伝えておくのがマナーです。

お歳暮を贈る相手

次に、お歳暮を贈る相手についてお伝えしていきましょう。お世話になったからといって誰にでも贈っていいものではありませんので、一般的にお歳暮を贈ることが多い相手と、お歳暮を贈ってはいけない相手を確認しておいてください。

・お歳暮の贈り先の例

お歳暮を贈る相手として一般的なのが、家族や親戚、会社の上司、友人、知人などの、普段からお世話になっている人です。また、結婚している場合にはお互いの実家の両親や式の仲人、結婚してからまだ日が浅い場合には式に主賓として招いた方にも贈ります。

習い事の先生や病院の先生に贈る場合もありますが、それ以上の特別な関係がない限り、習い事をしている先生には習っている間だけ、お世話になっている病院の先生には治療が続いている間だけ贈るようにしましょう。仲人には最低でも3年など、期間が限定されている場合もありますので注意が必要です。

ただし、ポイントとして、継続的なお付き合いがあるかどうかも考慮しましょう。お歳暮には「お世話になりました」の意味がありますが、同時に「これからもお世話になります」という意味もあり、単発的な関係で贈るものではないからです。一度限りのお歳暮を贈ることは逆に失礼にあたりますので、一時的なお礼として贈るのであれば「御礼」として贈るようにしましょう。個人的に贈る場合は、一度贈ったらお付き合いがある期間は贈り続けることになるというのを認識したうえで、今後も続く関係なのかを考えて贈る必要があります。

・お歳暮を贈ってはいけない相手

お世話になっていたとしても、お歳暮を贈ってはいけないのが学校の先生や政治家などの公務員の方々です。公務員は利害関係者から金銭や物品の贈与を受けることが禁止されており、これは法律で定められています。相手が利害関係者でない場合は、通常の社会儀礼の範囲内のお歳暮であれば受け取ることができるとされていますが、利害関係者かどうかの判断は難しいケースもあるので注意が必要です。

もしも利害関係者がお歳暮を贈ったことが発覚した場合には、受け取った側が減俸や懲戒免職につながる可能性があり、相手に迷惑をかけてしまうことになりかねません。また、賄賂にあたると判断された場合、贈った側にも刑罰が処される可能性もありますので注意しましょう。

また、一部の民間企業でもお歳暮のやり取りを一切禁止している場合があり、この場合、受け取り拒否をされて差出人に返送されてくることになります。自分が勤めている会社や取引先がお歳暮を禁止しているか、お歳暮を贈る前に確認してみてください。もしお歳暮が禁止されていて贈れない場合、それでも日頃の感謝の気持ちを伝えたいというのであれば、年初に会う際に「お年賀」として簡単な手土産を渡すとよいでしょう。

お歳暮の品選び

お歳暮を贈る相手が決まったら、次は贈る品物を選ばなければなりません。この品選びは毎年の悩みどころではないでしょうか?そこで、おすすめの贈り物や価格相場、購入先や贈ってはいけないものを順番にご紹介します。

・お歳暮に人気の贈り物

お歳暮に人気の贈り物には、ビールやハム・ソーセージなどの加工肉、スイーツや魚介類、カタログギフトなどが挙げられます。

加工肉は日持ちする上に好き嫌いも比較的少ないため、安定した人気がある贈り物です。スイーツは贈る相手の好みや年齢に合わせて洋菓子、和菓子を選ぶことができるので使い勝手がよく、お子さんや女性の多いご家族には特に喜ばれます。また、プレミアムビールや旬の魚介類など、普段自分では買わないような高級グルメや産地直送グルメなどは、品質や価格に特別感があるため、贈られる側からも歓迎されています。そして、カタログギフトは贈られた相手が欲しい物を選べることから根強い人気で、年齢性別問わず喜ばれる品です。

また、毎年同じ品より毎年違う品の方が喜ばれる傾向がありますが、中には、あえて同じ品の方が双方の安心感があると考える方もいるようです。「毎年同じ品では、品選びを手抜きしていると思われないか……」と心配される方もいますが、お相手に本当に喜んでもらえるなら毎年同じ品でも失礼にはあたりません。家族構成や趣味嗜好を考慮して、これなら喜んでもらえると思う品を選ぶようにしましょう。

・贈り先によって変わる価格相場

お歳暮は贈られた相手が喜ぶことが大前提ですが、同じくらい無視できないのが価格です。あまり安い物を贈るのは失礼ではないかと心配ですが、高価なものを贈るのは負担が大きくなってしまいます。

また、お歳暮は一度贈ったら基本的には継続して贈ることが前提ですので、あまり高価なものを選ぶと翌年以降も同程度の物を毎年贈らなければなりません。実際に、あまり高価なものは相手に気を遣わせることにもなりますので、相場を目安に選ぶようにしましょう。

お歳暮の相場は、一般的に3,000円〜5,000円程度です。お歳暮には、お世話になったことに対する感謝の気持ちやお礼に加え、来年もよろしくお願いしますという意味があるため、お中元よりも2割程度高めに設定する傾向があります。先方との関係性や年齢によって金額が異なりますが、取引先や友人、知人へは3,000円程度、お世話になっている上司や結婚式の仲人、同居していない親などへは5,000円程度を目安にしてみてください。

ただし、お中元を贈らずお歳暮だけ贈る場合や贈る側の年齢が高い場合は、相場よりも高くなる傾向があり、特に重要な取引先などに対しては5,000円〜10,000円程度の品を贈ることもあります。

・お歳暮で贈ってはいけない品

喜んでもらえると思う品でも、中にはお歳暮として贈ってはいけないものもあります。では、その理由と併せて見ていきましょう。

◇ハンカチ

ギフトとしてよく使われるイメージのハンカチも、日本語では「手巾(てきれ)」という言葉で表されるため、手切れ=絶交という意味に通じてしまいます。「1年間お世話になりました、これからもよろしくお願いします」という意味で贈るお歳暮には向いていません。

◇はさみ・刃物

はさみや刃物は「切る」ために使う道具ですが、「縁を断ち切る」という意味にも取れてしまいます。とても使い勝手がよく実用的な物であったとしても避けるようにしましょう。

◇履物

履物は「踏みつける」と連想されるため、贈り物には向いていません。マットやスリッパなども同じく「踏みつける」と解釈されるので避けるようにしましょう。特に目上の方には失礼な印象を与えてしまうことがあります。

◇下着・肌着

下着や肌着などの直接身につけるものを贈ることは、相手に対して「みすぼらしい格好をしている」「生活が苦しい」「施しをしてあげる」など失礼な意味になるためお歳暮として向いていません。

◇花・植物

花や植物そのものは贈っても差し支えありませんが、その花言葉が不吉な意味を持っていることもあります。花が好きな方の場合は知識が豊富で気にすることも考えられますので、贈る際には事前に調べたうえで選びましょう。

◇4、9など語呂合わせがよくない品

一般的に、4は「死」、9は「苦」と連想するため忌み数として嫌われています。例えば、「櫛(くし)」は、「く=苦、し=死」ともとられてしまうため、縁起の悪い言葉を連想させる品を贈るのは避けましょう。

◇商品券などの金券

商品券などの金券は、贈る金額があからさまに分かってしまいますし、相手が喜ぶ品物を選ぶという心遣いがないと感じさせてしまいます。また、相手の生活が苦しいという捉え方もあるため、特に目上の方に贈るのは避けるようにしましょう。金券は、もらってうれしい贈り物ではありますが、贈る時には要注意です。

◇筆記具・時計

筆記具や時計は「勤勉奨励」と言って、もっと勉学に励みなさいという意味を持ちます。そのため、目上の方や取引先に贈るのは失礼ですので避けましょう。

◇カバン

鞄は「通勤」を連想させるため目上の方には失礼と捉えられる可能性があり、避けた方が無難な品です。

お歳暮の品を決める際には、相手に不快な思いをさせてしまわないためにも実用性だけでなく、失礼にあたるものでないか事前に確認するようにしましょう。

お歳暮を贈る際に注意すべきマナー

お歳暮を贈る際には時期だけでなく、相手が喪中や忌中でないかなどにも注意する必要があります。ここでは、贈る際のマナーについて見てみましょう。

・喪中(不幸から1年以内)の場合

喪中であっても、お歳暮は日頃の感謝の気持ちですので贈っても差し支えありません。ただし通常ののし紙は使用せず、無地の短冊に表書きと名前だけを書いて贈るようにしましょう。もし手紙を添える場合にはおめでたい言葉は避けてください。また、年内に贈り逃した場合には、年明けの松の内を過ぎてから「寒中御見舞」として贈るようにしましょう。

・忌中(四十九日)の場合

忌中の場合、香典の意味合いが強まってしまうためお歳暮は控えるようにしましょう。忌中が明けてから贈るなど時期を遅らせますが、忌中が年内に明けない場合は年明けの松の内を過ぎてから「寒中御見舞」として贈ってください。事情があり忌明け前に贈る必要がある場合には喪中の場合と同様に、紅白の花結びはつけずに奉書紙か無地の短冊を使用し、派手な包装は避け、慰めの言葉を添えるようにしましょう。

⇒「【お歳暮のマナー】贈る時・もらった時・断る時のシチュエーション別に解説」はこちら

翌年以降も良い関係が続くよう、マナーに則った贈り物を

お歳暮を贈る時期は年末ですが、地域によっても若干異なります。ただし、12月初旬から31日までであれば差し支えはなく、できればお正月の準備で忙しくなる20日くらいまでが理想的です。また、贈るべき相手と贈ってはいけない相手をしっかり確認し、お相手にふさわしい贈り物を選ぶようにしましょう。特に、喪中や忌中の場合にはマナーに則って贈りものをするよう注意してください。
1年の締めくくりに感謝の気持ちがきちんと伝わるよう、そして翌年以降もよい関係が続くよう、失礼がないお歳暮を贈るようにしましょう。