pref_ng のし対応可

メルローER(赤ワイン)

自社農園で栽培するメルローのみを使ったワインです。スパイシーな香りをアクセントに、温かみのある優しい味わいの中にはつらつさが感じられます。ビーフシチューやハンバーグとともにお楽しみ下さい。

  • 4,320円(税込)
  • 内容量:750ml (メルロー)
    保存方法:常温
    お知らせ:6-9月は冷蔵での出荷となりますので、クール料金がかかります。 2本以上の場合は別サイズのダンボールでの出荷となります。
  • 送料 / 原材料名・成分 / アレルゲン / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    永遠のロマンチスト

      北信州須坂市に広がる日滝原(ひたきはら)という扇状地は美味しい果物の産地。そしてなんといっても高品質なぶどうの産地です。そこで栽培したぶどうからつくる楠わいなりーのワインは数々の受賞暦があり、ワイン通からも高い評価を受けています。
      ERとはEternelle Romanntique(エテルネル・ロマンテック)の略で、永遠のロマンチストという意味。日本初の女性報道写真家の笹本恒子さんが100歳の時楠わいなりーで一緒に摘んだぶどうを特別醸造しました。
      自社農園で栽培するメルローのみを使った日本ワイン(※)です。温かみのある優しい味わいの中にはつらつさが感じられます。また、スパイシーな香りがアクセントです。
      ビーフシチューやハンバーグ、牛しゃぶしゃぶ、鰻の蒲焼きと合わせてお楽しみ下さい。

    ※「日本ワイン」とは、日本国内で栽培されたぶどうを100%使用して日本国内で醸造されたワインです。

    気候風土にあった畑のつくり方・ぶどうの仕立て方

      与えられた気候風土という条件と、ぶどうの木とのバランスを考えて、どうやったら一番健康的でいいぶどうができるかということを常に考えた結果、行きついたのが草生栽培です。自然の循環を大事にしており、刈られた草が地中に返り、それを微生物が分解して肥料にしてくれる。ただ、肥料や農薬をまったくゼロにしようという考え方ではなく、木が健康的であるために必要であればやるという方針ですが、除草剤は全く使っておりません。
      一般的な作り方よりも株間や畝幅をゆったりとり、高めに仕立てたぶどうから新しく伸びた枝を上下に誘引します。木のバランスを保つために芽かきはせず、樹冠を分けようという考え方をしています。キャノピーディビジョンという考え方で、葉っぱが重ならないように手入れをして、葉っぱ一枚一枚が十分に光合成できる仕立てをすると、つくったエネルギーが房によくたまり、美味しいブドウができます。

    つくり手のこだわり

    •   「健康的なぶどうからつくられ、日本食にもよく合うワイン。高品質で優しく上品なワインを追求したい」、そんな経営理念を持ち、北信州の土地と気候に適したぶどうづくりに注力し、農薬や化学肥料の使用量を抑え、除草剤を使用しない草生栽培という方法で育てています。
        また、自然の恵みを最大限に取り込んだぶどうからのワインづくりを目指しています。一つ一つの品種の特性がよく出るように、それぞれの葡萄がなりたいスタイルになれるように葡萄に寄り添いワイン作りをしています。「ワイン造りはぶどう造りから」「健全で高品質なぶどうから高品質のワインを」ということを常に意識して、ぶどう造りに傾注しています。ワイナリーでは、そうして収穫したぶどうを丁寧に醸造して品種特性を引き出します。
        須坂の気候や風土にあった畑をつくり、そこでとれた健康的なぶどうからできた優しく上品なワインを是非お楽しみください。
        (楠わいなりー株式会社 代表取締役 楠茂幸)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る