pref_ky

京都茨木屋 鯛魚羹・鱧魚羹詰合せ

他の魚やつなぎのでんぷんを用いず、鯛と鱧と調味料だけを練り上げた贅沢な逸品です。噛むたびに溢れる鯛や鱧の風味と旨みが口の中に広がります。最高級蒲鉾の名に恥じる事の無い、堂々とした存在感を感じます。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    京都と蒲鉾の歴史

      昔、京都では祇園祭の時期になると、商家に取引先がお中元の挨拶に鯖寿司を持参し、あいさつを受けた商家は手土産に鱧寿司を返したそうです。鱧は梅雨の雨を飲んで旨くなると言われており、梅雨の明ける7月になると脂が乗り始め旬となります。

     まだ魚が行商人によって運ばれていた時代、背負い籠に海水を張り、生きたままの魚を運んでいました。夏場になると、ほとんどの魚は炎天下の中、酸欠で死んでしまいますが、獰猛な鱧だけは京都に到着する時分にも生きていたそうです。京都の暑い夏を乗り切るため、生命力の強い魚を食べることで精がつくという考え方から、京都の人は好んで鱧を食していたとか。そのような理由から京都では、鱧の特徴を生かした蒲鉾が生まれ、現在に至るまで親しまれてきました。

     創業以来140余年、茨木屋では、京都で愛されてきた鱧をふんだんに使った蒲鉾を、素材にこだわり、はんなりとした上品な味に仕上がるよう工夫してきました。選び抜いた鮮魚を、独自の技術で水揚げ後すぐに処理し、スリ身に加工した段階で冷凍し、工場に持ち帰るのも工夫のひとつ。生きている状態と同じくらい新鮮なうちに工場に入荷するなど、製造技術の向上にも努めています。

    鯛や鱧の旨みが口の中に広がる至高の逸品

      茨木屋の中でも最高級の板かまぼこが、この鯛魚羹(たいぎょかん)と鱧魚羹です。それぞれ、他の魚やつなぎのでんぷんを用いず、新鮮な鯛と鱧と調味料だけで練り上げた贅沢な逸品です。噛むたびに溢れる鯛や鱧の風味と旨みが口の中に広がります。この味わいは、伝統に裏打ちされた製造技術と熟練の手しごとがあればこそ。最高級蒲鉾の名に恥じない、堂々とした存在感と味わいを感じます。

     生で食べていただくのがおすすめです。大切な方への贈り物に、茨木屋が誇る至極の逸品をお届けください。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   創業以来140余年、素材にこだわり、はんなりとした上品な味を求めてきました。選び抜いた鱧・鯛・ぐちなどを使い、茨木屋の製品はつくられます。京都の老舗の素晴らしさとは、万古不易なものを守りながら、常に新しいものを取り入れていく精神の柔軟さにあると思います。京の先人の残した良き伝統のもとで、茨木屋はさらなる技術の向上に努めていきます。

      (茨木屋 代表取締役社長 池内豊太郎)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る