aichi

魚のピンズ「フグ」

釣好きの心をくすぐる魚のピンズシリーズ。女性がプレゼントしたくなるをテーマにデザイン。伝統的工芸品「尾張仏具」の装飾金具の技術を、釣好き伝統工芸士がふんだんに注ぎ込んだ職人魂を込めた逸品です。

  • 11,000円(税込)
  • カラー・サイズを選択してください。

    SIZE サイズを選択してください

    エビフライ
    マダイ
    フグ

    選択されたサイズ:フグ

    • お気に入りへ追加

    【販売商品の内容】

    〇おすすめポイント
    江戸初期に始まった名古屋での仏具作り。明治期初頭には、全国へ販売されるようになった一大産地。その培われた技術を次の時代に伝える為に生まれた他に類を見ない質感が魅力的な魚のピンズ「nanako」。仏壇仏具に使われる装飾金具を錺(かざり)金具と呼びます。その蹴り彫りと言う柄を彫る技法で魚が膨らむ様に彫り込み、糸鋸で外形を切り、ヤスリ掛け、磨きを施し薬液での化学反応などで色付けをしてあり、一つひとつ手づくりの為、魚たちは個性的です。

    〇サイズ
    約28o×15o

    〇その他
    ・手作りの為、色、柄、サイズが多少異なることがあります。
    ・商品のお届けに1〜2週間かかる場合があります。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   仏壇仏具の販売店や職人が軒を連ねる尾張仏具の中心地、橘町で1970年初代野依稔が独立開業し50年。主に寺院仏具の装飾金具を手作りにこだわり製造、全国の本山・有名寺院をはじめ、名古屋城本丸御殿の金具も手掛ける。二代目が後継するとともに、従来の伝統技術の中にCADやNC彫刻機など新しい技術も導入し幅広い製品作りを可能にしている。また仏具の技術以外に鍛金・七宝・高肉彫・象嵌など多彩な技術も学び香炉や花器などの工芸作品も製作、工芸展や美術展にも出展。その技術を本業の錺金具作りに活かして多種多様そして高度な製品作りに対応している。仏壇仏具の需要が減る中「和悠庵」の屋号で、アクセサリーやインテリア雑貨を製造販売、広く錺金具の技術を認知していただき、後継者育成に繋がればと思っております。

      (有限会社 ノヨリ 代表取締役 野依克彦)
    カートに戻る