2016/8/26

京のいいもの

国内外の人々を魅了し続ける京都。古くから海外を含めた各地から時代毎に様々な文物が流入し、歴史や芸術、食文化、生活習慣などが豊かで、多くの人を惹きつける魅力を持っています。

今回は”いいもの”で溢れる京都の逸品や体験ものをご紹介します。

  • line

京都東山亭
西京漬け

創業当初より独自の製法と厳選した素材を用いて、味噌粕漬をはじめとする古都伝統の食づくりに励む京都東山亭。

上質な白味噌と清酒粕をブレンドした秘伝の味噌床に鮮魚を丹精込めて漬け込んだ手作りの西京漬けは、素材本来の味を生かした、上品でふくよかな味わいです。

京都東山亭 西京漬け

祇園むら田
いりごま・ねりごま

京都の料亭「菊乃井」をはじめ数々の有名料理店やホテルなどに、ごまをはじめとする割烹材料を提供する名店。

こちらのいりごまとねりごまのセットは、厳選された品質の良いごまを熟練の職人が丹念に絶妙な煎り具合に仕上げた「いりごま」と、その「いりごま」を油が出るまですりつぶし、ペースト状にした「ねりごま」の詰合せ。いりごまを一口噛んだ瞬間に口の中に立ち上る香りは、まるで煎りたてのようでお茶漬けに合わせても楽しめます。また、ねりごまは、添加物を一切加えておらず純度100%で香り高く、様々な料理で活躍します。

祇園むら田 いりごま・ねりごま

大極殿本舗
春庭良(カステーラ)

1885年創業の京菓子店「大極殿本舗」は京の町にカステラを広めたと言われる和菓子店。今も昔ながらの窯を使用し、たまごの力だけで膨らませる「春庭良(カステーラ)」を作り続けています。生地の上品な甘さと香ばしい焼き目、ザラメの食感が何度も食べたくなる味わい。可愛らしい包装紙にはカステラの言われや効能なども記載されており、読んで楽しむこともできます。

本店近くの六角通沿いにある、趣のある町屋と大きな暖簾がひときわ目をひく六角店では、併設した甘味処「栖園(せいえん)」で、「琥珀流し」などの四季折々のお菓子を楽しむこともできます。

大極殿本舗 春庭良(カステーラ)

京菓子処 吉廼家
おとぎ草子

重箱のふたを開けた瞬間、思わず笑みがこぼれるその可愛らしさ。京都洛北エリアにある京菓子処 吉廼家の「おとぎ草子」には、一つ一つ手作りされた掌サイズの練り切りや羊羹などが、品の良い重箱におさまっています。その可愛いらしさは、まさにおとぎ話の世界。お菓子の内容は四季折々に変化し、季節を感じられる逸品です。

他にも一休和尚に因んだ定番の「一休餅」や、旬のフルーツを楽しめる季節ごとに中身の変わる、「いちご大福」や「みかん大福」など、様々な和菓子を販売しています 。

京菓子処 吉廼家 おとぎ草子

祇園原了郭
黒七味・粉山椒・一味

1703年の創業以来、一子相伝の製法を受け継ぐ祇園原了郭。

代表商品は「黒七味」。材料をから煎りして、唐辛子や山椒の色が隠れるまで手で揉み込むことによって独特の濃い茶色となります。手間をかけることで鼻に抜けるような豊かな香りと奥深い味わい、そして唐辛子のぴりっとした辛さのハーモニーが生み出されます。

選りすぐった特上の山椒のみを使い、清冽な辛さと香りが特徴の細粒粉の「粉山椒」と、厳選した赤唐辛子のみを使い粉状になるまで丁寧に引いた「一味」とのセットがおすすめです。

祇園原了郭 黒七味・粉山椒・一味

松栄堂
高級線香こころみ香 香皿セット

三百余年に渡り、京都御所近くの現在の地でお香づくり一筋に歩む老舗。松栄堂が生み出すお香の原料の多くは、世界各国から集められた貴重な天然香料。「高級線香」は、吟味された天然香料をふんだんに使用し、職人の手仕事によって丁寧に作られています。中でも人気の香り5種を3本ずつ納めた「高級線香こころみ香」は、初めてお香を使われる方や、良いものを少しずつ贈りたい方に最適な逸品。シンプルで飽きのこない磁器性の「長手香皿 松葉」と「つまみ香立 ひさご 赤」のセットで、本格的な和の香りを手軽に楽しめます。

京の老舗で心をほっとさせてくれる香りを探しませんか。

松栄堂 高級線香こころみ香 香皿セット

京都ならではの手仕事を体験しませんか

京都おたべ体験道場(生八つ橋作り体験)

京みやげとして愛されている「おたべ」。生八つ橋につぶあんを挟んで食べるとおいしかったことから、1966年の新店舗開業に合わせて商品化されました。定番のにっき味や抹茶味に加え、季節にあった風味に仕上げた限定品は観光客から人気。おたべ作りに挑戦できる体験道場(要予約)は、自家製粉したコシヒカリの米粉を使って蒸すおたべの生地(生八つ橋)作りから、自家製餡した「あん」を詰めて、三角形の「おたべ」になるまでを体験できます。

京都おたべ体験道場(生八つ橋作り体験)

京繍(日本刺繍)体験

ふっくらとした絹糸の風合いとやわらかな光沢が美しい京繍。「すぎした」では、生地に絹の刺繍糸で松竹梅や吹き寄せの柄を刺繍する京繍体験ができます。出来上がり品は、小ぶくさや数寄屋袋にも仕立てる(別途仕立て代が必要)ことができ、大切な思い出の品にすることができます。

京繍(日本刺繍)体験

編集後記

何度訪れても飽きない京都。数多くの寺社や史跡、歴史的建造物など、古き良きものが守り続けられており、四季折々で変化する表情もまた魅力的です。

今回ご紹介した”いいもの”はどれも、担当者が京の町を歩いて見つけた逸品揃い。大極殿本舗は、今回ご紹介した「春庭良」以外にも、六角店に併設した甘味処「栖園」で味わえる「琥珀流し」もおすすめです。使用するシロップが月毎に変わり、私も京都に行くたびにその月の季節の味を楽しみに訪れています。

皆さんも自分のお気に入りの逸品を見つけに、京都に足を運びませんか。

※写真・イラストは全てイメージです。

「いいね!」を押していいもの探訪の最新情報をチェック!