pref_sz

竹茗堂 銘茶詰合せ わらかけ香千里、川根茶、掛川茶

静岡県の山間地で栽培されたお茶をブレンドした「わらかけ香千里」、急須で30秒ほど蒸らすだけで色の濃いお茶を楽しめる深蒸しの掛川茶、山吹色で澄んでおり、まろやかな特徴を持つ川根茶のセットです。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    駿府城下で創業の静岡最古の茶商

      静岡は、日本茶の産地として有名で、茶葉の国内生産量の約4割を生産する一大生産地です。静岡県は東西155km南北118kmと広い面積を有しており、県内全域で生産されているお茶は、その産地により土質や製造技術が異なり、それぞれのお茶の性格を形づくっています。
     特に、天竜・川根・本山などの山間地は、寒暖差などの気象条件に恵まれ、質の高いお茶の産地として評価されていることから、静岡県は質・量ともに日本を代表するお茶の産地となっています。
     竹茗堂は、いまから約230年前、天明元年に駿府城下でお茶と茶器の専門店として創業した静岡最古の茶商です。その竹茗堂が自信を持っておすすめするのが銘茶詰合せです。


       

    人気の「わらかけ」と銘茶の詰合せ

       古来、香味優れた茶を芽吹かせるのは、冷涼で昼夜の温度差が大きい高地の川筋。朝夕に立つ川霧が天然の覆いとなって直射日光を遮るため、香味優れたお茶が育まれます。その条件を満たす安倍川上流の本山、大井川上流の川根などで、茶摘み前の15日から20日、覆いを施した茶樹から摘み取られたお茶を原料とした「わらかけ香千里」。
     陽射しからも、山の冷気からも新芽を守るこの素朴な技法が、苦味、渋みの成分を押さえ、程よい甘みとコク、そして「かぶせ香」と呼ばれる独特な香を引き出してまいります。「わらかけ」シリーズの中でもお茶の淹れやすさと味のバランスが良い、人気の高い商品です。静岡県の山間地で栽培されたお茶と牧之原等で栽培された、やや「深蒸し」系(中蒸し)のお茶のブレンドです。80℃位のお湯で40秒から1分程度、急須で蒸らしお湯呑みに注ぎます。水色(お茶の浸出した際の色)は、緑に近く濃く浸出されます。濃いめにお茶を淹れ、氷をたっぷり入れたグラスに注ぎますと、美味しい冷茶をお楽しみいただけます。
     「掛川茶」は、深蒸し茶の産地・掛川のお茶です。製造する最初の工程で、普通の2倍以上の時間で高温の蒸気をかけています。そのため、茶葉は細かくなり急須で30秒ほど蒸らすだけで色の濃いコクのあるお茶を楽しめます。 人気の産地茶です。
     「川根茶」は、大井川の上流域で生産されたお茶です。普通蒸しで製造する産地ですので茶葉は深蒸しに比べ長く、どっしりとした形をしております。80℃以下の湯温で1分ほど急須で蒸らして淹れていただくお茶です。水色は山吹色で澄んでいるのが特徴です。旨味・渋みのバランスのとれたすっきりした味の人気の商品です。

    つくり手のこだわり

    •  当店は1781年、江戸町人文化が花開いた天明元年に茶と茶器の専門店として、現在の静岡市七間町に創業致しました。
       1756年(宝暦6年)、静岡茶のルーツとも言える足久保茶(静岡市 北部)は、将軍家御用を差し止めとなり、衰退の一途をたどっておりました。それを憂い、青茶仕立ての製法を導入、地元の人々と苦心惨憺のうえ復興に成功し、駿府の町で販売したのが、庄八忠実 初代竹茗でございます。
       その喜びを、歌人でもあった初代は、「宇治よりもそだちからよし芦久保のちやのめぞ春のはつ鷹の爪」と詠い、静岡市足久保に残る高さ4.5m、幅8mの巨大な句碑が二百数十年の風雪を耐え、現代に伝えております。この句碑は地元の人々に「狐石」と呼ばれ、今も親しんでいただいております。
       以来「静岡茶とともに」と言う心意気を代々受け継ぎ、九代230年営業致してまいりました。これからも静岡の茶商として皆様の信頼をいただくため、より一層の努力をしてまいります。

      (代表取締役社長 西村 予史男)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る