pref_sg

琵琶湖の幸をふんだんに 阪本屋 湖魚四幸

淡水魚の宝庫、琵琶湖の幸を明治2年創業の老舗が家伝の製法で仕込んだ、たてぼし(石貝の醤油煮)、小鮎あめ煮、ごりあめ煮、えび豆の詰合せ。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    古来より伝わる滋賀の郷土料理 老舗ならではの味で楽しみたい

      江戸時代には膳所藩お抱えだった歴史を持つ料亭の分店として、明治2年に創業した阪本屋では、創業以来約150年、家伝の製法で手間と時間をかけて漬け込んだ鮒ずしを提供してきました。また淡水魚の宝庫である、琵琶湖の幸の数々を美味しい佃煮にしていることでも知られています。
      明治時代以来、内国勧業博覧会や水産博覧会などで数々の受賞歴があり、近年では平成15年に日本農林祭において、農林水産大臣賞受賞者の中でも優れたものに贈られる会長賞を受賞している阪本屋。伝統の製法を守り、品質の良い味を提供し続けてきた名店の味わいで、滋賀の郷土料理を堪能してみてはいかがでしょうか。 
      阪本屋が、自信を持って提供するのが、滋賀の恵みを存分に詰め込んだ「湖魚四幸」です。たてぼし(石貝の醤油煮)、小鮎あめ煮、ごりあめ煮、えび豆の4種は、温かいご飯のお供やお酒の肴にぴったりです。家庭の味を彩る4種の味を、郷土に想いをはせながら、堪能してみてはいかがでしょうか。 

    家伝の製法を守り、手間と時間を惜しまない阪本屋の味

       阪本屋の「たてぼし煮」は、琵琶湖の固有亜種である石貝であるたてぼしを保存料等は一切使わず、醤油煮の辛口に炊き上げており、人気の惣菜です。
      「小鮎あめ煮」は、カルシウム豊富な琵琶湖産天然小鮎のあめ煮です。鮎の持ち味を生かしつつ、水飴を入れて甘口に炊き上げており、独特のほろ苦い味と香りが好評の品です。
      「ごりあめ煮」は、全長約2センチの小魚でカルシウム豊富な琵琶湖産のごりを甘口に炊き上げています。お子様にも食べやすい品です。
      「えび豆」は、滋賀の身近な郷土料理として知られ、小海老と国産の鶴の子大豆を一緒に炊き上げています。じっくりと炊き上げ味のしっかりした本品は、食事のお供にぴったりです。
      これら4品をセットにした本商品は、阪本屋の伝統とこだわりをしっかりと受け継いだ品です。いつも身近な存在として、家庭においておきたいそんな逸品です。郷土の美味しい恵みに感謝しつつ、それぞれが持つ味のこだわりを存分に味わってみてはいかがでしょうか。



    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   滋賀県大津市、琵琶湖畔のほど近く、東海道と北国街道の合流する札の辻に店を構える阪本屋は、江戸時代に膳所藩お抱えの御用料亭で、川魚と鮒ずしを提供していた本家阪本屋の分店として、明治2年に創業しました。
        古来より近畿の水瓶であった琵琶湖。そして、古来より近畿の米どころである滋賀。阪本屋の鮒ずしは、この2つの恩恵に感謝しつつ、創業以来約150年にわたり、伝統の味を家伝の製法で守り続けています。そして、いつの時代にもお客様に愛される郷土の味をこれからも造り続けて参ります。
        本家阪本屋は、琵琶湖の湖面に面した楼閣を構え、「映波楼」と呼ばれ、シーボルトの旅日記にも登場していましたが、現在の阪本屋店舗も国の有形登録文化財に指定されています。ぜひ琵琶湖にお越しになった際には、当店にもお立ち寄りください。
        「お客様の心にいつまでも残るような郷土の味をお届けしたい」。この想いを胸に、これからも努力して参ります。

      (株式会社阪本屋 代表取締役社長 内田健一郎)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る