nara

奈良吉野 北岡本店 亀の尾仕込み純米吟醸

鳥取県の契約農家で栽培された稀少な酒米「亀の尾」を使用しています。独特のコクと、しっかりとした旨味を感じていただけます。味わい深くもキレのよい、クセになりそうな飲み口をご堪能ください。

  • カラー・サイズを選択してください。

    SIZE サイズを選択してください

    大吟醸
    純米吟醸

    選択されたサイズ:純米吟醸

    • お気に入りへ追加

    神代の里 大和吉野より

      奈良県南部、吉野熊野国立公園の入口、一目千本と詠まれた桜の名所「吉野」。吉野には飛鳥から奈良の時代にかけて吉野離宮があり、この地を主題にした名歌が「万葉集」に収められています。時代が下がると、源義経の東下り、後醍醐天皇の南朝、太閤秀吉の花見等、『自然と歴史と文化』が満ち溢れた地です。
     江戸時代初期、この吉野は山林労働に携わる人達の宿場街として、また大和から伊勢や熊野に抜ける交通の要として栄えておりました。北岡本店は、その宿場町の中心地に店を構え、様々な事業に取り組んでおり、七代目となる惣十郎が、明治元年(1868年)酒、醤油、油造り等の事業を一本化し、酒造業専業としました。以降、「日本古来の酒造り技術を伝承し、おいしいお酒を通じて心温まる人間関係の成立に寄与する」事を目指し、酒造りに取り組む老舗酒蔵です。

    神話に登場する瑞鳥「やたがらす」

      「やたがらす」とは神話に出てくる瑞鳥です。神武天皇が東征の際に熊野から大和に入る吉野の山中にて道に迷われた際、天の神が道案内としてつかわせた鳥が「やたがらす」であると言われています。「やたがらす」とは大きい鳥という意味であり、三本足のカラスで中国や日本では太陽の精として信じられています。
     北岡本店では、大正時代に惣太郎が吉野と関わりの深い神武天皇の伝説にちなみ「八咫烏(やたがらす)」を商標として、同社を代表する銘柄としております。「やたがらす 亀の尾仕込み 純米吟醸」は、鳥取県の契約農家で栽培された稀少な酒米「亀の尾」を使用しています。背が高く倒伏しやすいことから栽培が難しく、栽培する農家も一握りの「幻の酒米」です。独特のコクと、しっかりとした旨味を感じていただけます。味わい深くもキレのよい、クセになりそうな飲み口をご堪能ください。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   「美味しいお酒」とは、香り高く、コクがあり、切れもよく、飲み飽きせず、料理との相性も良く・・・だけではなく、うまくコミュニケーションを図らせるもの」と考えます。お酒がコミュニケーションツールとしての役割を果たした時に、私達は「美味しいなぁ」と感じ、幸福感を得るのだと思います。「やたがらす」を通じて皆様がよりよき人間関係を築かれ、幸福になられることを願っております。
      (株式会社北岡本店 代表取締役社長 北岡篤)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る