pref_ng のし対応可

信州まし野ワイン フルーツジュース4種詰合せ

こだわりのジュースを作り続ける「信州まし野ワイン」がお届けする、松川を代表するりんご2種と、信州を代表する果物である桃・ブドウを搾った贅沢な逸品です。贈答用として、またご家庭でもお楽しみ頂けます。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    フロンティア精神溢れる開拓地

      南信州・伊那谷は、水はけの良さと日照に恵まれ、長野県内屈指の果物の一大生産地となっています。松川町のまし野地区はもともと入植し開墾された開拓地で、戦後間もなくから、温暖な天竜川沿いから標高の高い冷涼な山麓にかけた一帯で、ぶどう、桃、洋梨、りんごなどの多彩な果物がつくられてきました。

     信州まし野ワインの前身は、りんご加工組合です。この地でりんご栽培を営んでいた5軒の果樹栽培農家を中心として、1987(昭和62)年に発足し、ジュース製造が開始されました。1991(平成3)年には「信州まし野ワイン株式会社」を設立。地元の栽培農家から原料を仕入れ、果物のジュースをはじめとし、リンゴのシードルや、山ブドウ、シャルドネ、メルローなど専用品種のブドウを用いたワイン醸造に至るまで、小規模ながら独創的でバラエティー豊かな商品を生み出すワイナリーとして知られるようになっています。

    信州の果物をまるかじりしたようなフレッシュジュース

      社名は「信州まし野ワイン」ですが、売上の7割はジュースで、信州の果物を使ったバラエティ豊かなこだわりのジュースを作り続けています。
     フルーツジュース4種詰め合わせは、松川町のりんご2種と、信州を代表する果物である桃・ブドウを搾った逸品です。
     りんご「つがる」は、さっぱりとした甘さが爽やかな印象で、甘いジュースが苦手な方にも最適です。また、りんご「ふじ」は糖度が高く、甘さと酸味のバランスが大変良いのが特徴です。
     桃は、ネクターのようなトロッとした舌ざわりとジュースのさらりとしたのど越しが楽しめ、信州の桃の上品な味わいがよみがえります。香料を使わないやさしい桃の香りは果実そのもの。また、ブドウは高級品種「巨峰」を使用し、酸味も香りも生で食べたときの印象がそのまま楽しめます。
     贈答用はもちろん、ご家庭でもお楽しみいただける逸品です。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   リンゴ農家の長男として生まれ、大学で生産技術を学んで就農しました。果物の加工、販売をしようと地元の仲間と加工組合を設立し、良質のリンゴを使ったジュースの生産を始めましたが、リンゴ果汁の輸入自由化に伴い、「安価な海外産品にどう立ち向かうか」という課題に直面しました。そこで、新たに挑んだのがワイン造りです。安曇野市内のワイン製造業者から醸造技術を学び、「地元ならではのおいしいワイン造りを目指そう」と決めました。

       当社では、主にシャルドネやメルローなどのブドウを使っておりますが、飯田市の農家から譲り受けた山ブドウで造ったワインは、深い色合いと野性味のある香りが特徴です。県産の原料にこだわり、商品を通じて果樹生産の振興を支えつつ、開拓団のフロンティア精神を受け継ぐ自由な気風のなかで、独創的な製品づくりを続けてまいります。

       (信州まし野ワイン 代表取締役社長 宮川喜好)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る