pref_ng

八重原米 神楽 (農薬化学肥料不使用)白米・玄米

白倉ファームの愛情と技術の最高傑作が「神楽(かぐら)白米・玄米」です。農薬・化学肥料を一切使わず、手間ひまかけて自然風のみで乾燥したこだわりの逸品です。コシがあり程よい甘さの冷めても美味しいお米です。

  • 3,996円(税込)
  • 内容量:2kg×2袋
    賞味期限/消費期限:精米日より1ヶ月(出荷時に精米)
    保存方法:日のあたらない涼しいところで保管下さい。
  • 送料 / 原材料名・成分 / アレルゲン / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    山奥の隠れた米の名産地 八重原

      長野県東御市八重原は、信州の蓼科山系の裾に広がる標高680mの中山間地にあり、良質米を作る産地として有名です。
     台地特有の気候のおかげで、おいしいお米ができる条件である大きい気温の日格差、冷涼な気候となり、気温の高い昼間に吸収したデンプンが気温の低い夜間に実に運ばれ、米に潤いと粘りと美味しさを与えてくれます。
     水は蓼科山を源流とした、江戸時代に稲作のためだけに造られた八重原用水の水を使用。この冷たい水と、降雨量が800mmと日本国内でも稀にみる降雨量の少ない地域であること、また、標高680mとコシヒカリ作付けのほぼ限界の標高で作られているという特性が、減農薬や無農薬を実現できる恵まれた環境を実現しています。
     白倉ファームは、この八重原台地の恵みに感謝し、「『食』は人を良くする。その食を支えるため土をつくり植物を育て地域を育てひとを育てていくことが私どもの『食』務である」という企業理念のもと、愛情を込めて米作りに取り組んでいます。

    美味しいお米のために 愛情を込めた土作り

      白倉ファームの愛情と技術の最高傑作が「八重原米 遥陽(はるひ)」です。一般的な栽培に比べ農薬・化学肥料の使用を半分以下におさえ、手間ひまかけて自然風のみで乾燥した甘みと粘りの強いこだわりの逸品です。
     主な肥料は、地元の牧草を主に食べている近隣牧場の堆肥に、自社から出る籾殻、米ぬか、発酵菌、キノコかすを混ぜて発酵させたものです。これを田んぼの稲藁と一緒に土に鋤きこんで土作りをしています。
     八重原の土壌は強粘土地帯で、保肥力(肥料を土に保つ力)が大きいため、他の地域より化学肥料が少なくてすみ、さらに有機肥料の効力が長時間維持できます。微生物を豊富に含んだ堆肥は、耕地の深層において腐植を促進することにより、保肥、保水、通気性が向上し健全な稲が育つ土壌ができがあります。
     また、刈り取った後、火力を使わない自然乾燥をする事により、お米にできるだけストレスを与えず、品質と食味を保持したまま乾燥することができます。精米せず、籾の状態で保管することにより、お米の品質をできるだけ落とさないようにしています。ご注文後、出荷時に精米をして「白米・玄米」のセットでお届けします。
     毎日食べるお米は、気候風土の恵みとたっぷりの愛情で育った逸品をお勧めします。コシがあり、程よく甘く水持ちの良いコシヒカリ。冷めても美味しいのでお弁当やおにぎりにも向いています。
     「長野県内」で生産されたこと、「信州の確かさ」を保証する「長野県原産地呼称管理制度」取得、お米マイスター等の専門家が厳格に食味を審査し、見事合格した米だけに与えられる「認定米」。この妥協を許さない厳しい基準をクリアした、白倉ファームの「八重原米 神楽」をどうぞお楽しみにください。
      

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   山奥の隠れた米の名産地『八重原』を見つけてくださったことを大変嬉しく思います。我が家では、米作りに適した気候風土を活かし地域の環境、生態系を維持しながら安全で美味しいお米をお客様にお届けすることを第一に考えています。自然と共生し、地域内での有機農業の連携を高める『環境保全型農業』を目指し日々汗を流しています。
       特に無農薬米は、米との対話で質がまったく違ってきます。例えば除草機をかけるとき、稲の根の張り具合と草の出具合のバランスをみて機械の強さや深さを決めます。
       母なる大地、水、太陽の恵みを十二分にいかすため愛情を持って稲の一株一株の話を聞くことが美味しいお米の本当の理由であると私どもは確信しております。
       (白倉ファーム 代表 白倉卓馬)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る