pref_me

伝統的工芸品の墨、硯、筆、水差し 大人の書道セット

進誠堂が全国の伝統的工芸品を選りすぐり、三重の鈴鹿墨、宮城の雄勝硯、佐賀の有田焼の水滴、広島の熊野筆を集めた「大人の書道セット」、各地の職人が受け継いできた伝統と技術をぜひ手に取って感じてください。

  • 7,560円(税込)
  • 内容量:鈴鹿 80mm×20mm×10mm、雄勝硯 140mm×80mm×20mm、 熊野筆(太筆) 250mm×φ10mm、熊野筆(細筆) 190mm×φ5mm、水滴 φ30mm×16mm
  • 送料 / 原材料名・成分 / アレルゲン / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    書くこと自体が少なくなった現代だからこそ 墨をすり筆をはこぶ喜び

      パソコンやスマートフォンなど便利な道具が増えていく反面、書くという行為自体が少なくなってきています。特に筆をとって半紙に向かうことなど学生時代以来ほとんどなく、子供が生まれたお七夜の命名式を前に久方ぶりに毛筆を手にした、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
      硯を用意し丁寧に墨をすると、自然と背筋が伸びてきます。墨が硯と触れる感覚、するほどに濃くなる墨の香りが、次第に心を静かにさせます。半紙に向かい筆をとり、今の気持ちを込めるとき、それは二度とない、たった一度だけの瞬間です。
      
      「書道」をしよう、とかしこまるのではなく、あくまで日常に彩りを与える文房具としてお手元に置いていただければ、きっとあなたの人生をより豊かにしてくれると思います。
      この「伝統的工芸品の墨、硯、筆、水差し 大人の書道セット」は、気持ちを込めて文字を書く感動を改めて感じていただくのにぴったりなセットです。
      

    鈴鹿墨、雄勝硯、熊野筆、有田焼の水差し 伝統的工芸品をお手元で

      墨は地理的及び気候風土の諸条件に恵まれた鈴鹿の地にて、古法を忠実に守りながら心を込めて製造した国指定伝統的工芸品である鈴鹿墨。菜種油煙を原料に用いた「鈴鹿」はその中でも代表的な逸品で、黒茶系の上品な墨色が味わえ、伸びのある運筆が評判です。
      鈴鹿墨をするのは室町時代以来600年の歴史と伝統をもつ宮城の「雄勝硯」。玄昌石とも呼ばれる雄勝石を使った硯は滑らかな石肌で、墨の色の出が良いのが特徴です。墨をする水を注ぐ水滴は佐賀の有田焼。指で上部の穴を押さえ、口を硯に向けて振り、数滴ずつ硯に垂らしてご使用ください。墨がすれたらいよいよ筆をとるのは、広島の「熊野筆」。太筆、細筆をセットにしています。筆職人が1本1本丹念に作り上げた筆は滑らかな書き心地が味わえます。
      永くご愛用頂き、書に親しんで頂ければ幸いです。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   鈴鹿墨の発祥は、延歴年間とも言われ、鈴鹿の山々に産した肥松をたいて煤をとり、これを原料として墨を作っていたと伝えられています。
        鈴鹿は製墨に必要な原材料の入手がたやすく、また弱アルカリ性水質に膠のゼリー強度(凝固力)、粘度(ねばり、どろつき)を最適の状態にできるなど、地理的及び気候風土の諸条件に恵まれております。そのため墨の発色が良く、上品で深みがあり、基線とにじみが見事に調和します。
        現在では、鈴鹿墨を継承する伝統工芸士は、現役では私のみとなりました。
        古法を忠実に守りながら魂身製錬し、日々ご愛用頂く皆様に喜ばれますよう努力してまいりますのでぜひお手元に鈴鹿墨を置いていただければ幸いです。
        (有限会社進誠堂 代表 2代目伊藤亀堂)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る