pref_ky

金鵄正宗 地ビール京都町家麦酒3種のセット

京都伏見で天明元年(1781年)創業のキンシ正宗が、京都の新しい味として丹精込めて作り上げた京都町家麦酒のセット。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    京の名水と伝承の技を礎に、時代を超えて愛される至高の一滴         

      山紫水明の地、京都。酒造業が産業として形をなしたのは、多くの名水を育んできたこの京都からです。その京都の中で、天明元年(1781年)に京都・伏見に酒造業として創業したキンシ正宗は、京の名水「桃の井」と「常磐井」を使用し、京の料理人がたたえる、芳醇でまろやかな味わいを作り出す「京の酒」を2百年以上にわたり造り続けてきました。
       キンシ正宗では、蔵人たちが培ってきた「米洗い」「麹造り」を始めとして、手作業で、かたくなに純粋な京都の酒としての本物志向を実践しています。また、麹菌や酵母菌の管理を徹底し、1年を通じて均一で高品質な酒を造り出しています。
      日本食文化の美しさを引き立たせる「京の酒 キンシ正宗」の中で、「京都町屋麦酒」は、伝統の技術が造った町家生まれの地麦酒です。これまで培ってきたキシン正宗の酒造技術と職人たちの磨き抜かれた舌で研究を重ね、日本の食を引き立てる上品な味わいに仕上がっています。
      大切な方に感謝の気持ちを込めて、親しい仲間たちとの再会を祝って。様々な場面で、伝統あるキシン正宗だからこそできる新しい味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

    名水の一滴から香り高い麦酒へ

      京都町家麦酒は、歴史と伝統を併せ持つ「京の酒 キンシ正宗」が丹精込めた作り上げた新しい京都の味です。
      仕込み水は、日本酒の醸造に使われていた「桃の井」の名水。また、世界的に下面発酵が主流を占める中、あえて独自の芳香とコクにこだわり、上面発酵を採用。これは、麦酒そのものの味わいだけを追求するのではなく、今日の食文化に馴染み、根付いてゆくことのできる味を目指した結果です。
      京都町家麦酒「かるおす」は、ケルシュタイプ。非加熱処理の生ビールならではの爽やかな香りとスッキリとした酸味のバランスが良い味わいです。魚料理や豆腐料理におすすめです。
      「まったり」は、アルトタイプ。コクのある味わいとまろやかな味わいが特徴の琥珀色のビールです。アルトタイプのとろりとした甘さとほろ苦さは、肉料理や漬物との相性も抜群です。
      「くろおす」は、ドライスタウトタイプ。ロースト麦芽の深いコクとキレの良い味わいが特徴です。変わった食べ方では、バニラアイスにかけるアフォガードもおすすめです。
      この3種類の麦酒を2本ずつ、6本セットにした本商品は、それぞれが持つ独自の芳香とこだわりのコクを飲み比べることのできる至福のセットです。また、洗練されたおしゃれな酒瓶は、贈答品としてもおすすめの逸品です。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   天明元年(1781年)にキンシ正宗を創業した初代松屋九兵衛がひたすら願ったのは、「人々が、松屋の酒を通じて暮らしの中に豊かな心を育み、更に人々の関わり合いの中で幸福になって欲しい」という事でした。
        キンシ正宗は、この創醸者の精神を大切に、「これからも日本の酒の健康性、本当の美味しさを多くの方に知って頂きたい。そして、もっとたくさんの機会、人々のコミュニケーションに役立ち、様々な料理と共に味わい、楽しんで頂きたい」と願っています。また、良い酒、美しい酒造を通じて、日本文化の限りない魅力を伝え、培った伝統を継承してゆくことが使命であると考えています。
        そして、この伝統の味を、私たちは、未来永劫引き継いでいきます。その一環として、京の酒として21世紀にふさわしい、新しい酒造りシステムを取り入れた「新常磐蔵」を平成7年に完成させました。
        京に生まれ伏見に育って200余年。命の水と伝統の技を礎に、今後も多くの皆様に愛される「京の酒、キンシ正宗」を造って参ります。

      (キンシ正宗株式会社 代表者 堀野恭史)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る