pref_ky

京都岡崎つる家 和風二段重 5人前

京都岡崎で各国の来賓をお迎えしてきた「つる家」の職人が、素材を選び抜き、手間を惜しまず、熟練の腕をふるったおせち料理をお楽しみいただけます。

  • 118,800円(税込)
  • 2019年12月31日のお届けとなります。時間帯指定はできません。
    ご注文受付は12月20日までです。

    内容量:二段重(5人前):詳細は下段に記載
    賞味期限/消費期限:2020年1月1日20時
    保存方法:冷蔵
    お知らせ:お重のサイズ(19.6×19.6×5.5cm)
    到着後、お早目にお召し上がりください(10℃以下で保存して下さい)。
    写真はイメージです。
  • 送料 / 原材料名・成分 / アレルゲン / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    SIZE サイズを選択してください

    3人前
    5人前

    選択されたサイズ:5人前

    • お気に入りへ追加

    平安時代より名士が愛する、京都東山の麓、岡崎

      国風文化が花開いた平安時代から続く寺町で、名だたる寺社仏閣、史跡が今に息づく山紫水明の地・岡崎。古くは白河院の栄華を誇る数々の寺院が建立され、明治の元老・山形有朋の別荘をはじめ、東西財閥の豪邸が建ち並び、現在もその多くが残されています。豪邸の緑・琵琶湖疎水の流れを愉しむ哲学の道。岡崎には、都の奥座敷とも呼べる閑静な別荘地の趣が漂っています。
    岡崎つる家は、明治41年、大阪の北浜で創業し、昭和3年、京都御所で行われた昭和天皇の即位の大礼に際してご入洛される、貴族院議員、衆議院議員のご宿泊、お食事のご奉仕をするため、岡崎の地に開店しました。以来、皇族方や財界の重鎮といった国内の来賓はもとより、イギリスのエリザベス女王陛下をはじめ、世界各国の王族等の来賓をお迎えするなかで極めたおもてなしの心を今に受け継いでおります。

    <お品書き>全65品
    紅白小袖蒲鉾、まながつお味噌漬、松葉柚子、白魚白煮、身巻サーモン、蛤入りいくら、鯛生寿司、たたき牛蒡、 結び昆布、編笠柚子、御幣からすみ、紅白鮃薯蕷、青唐辛子塩茹射込、木ノ芽、金柑甘露煮、つく羽根甘酢漬、梅麩旨煮、渋皮栗甘露煮、 鶏肉照焼青竹串、豆くわい旨煮、烏賊雲丹焼、絹さや旨煮、大葉百合根旨煮、鯛子旨煮、栗甘露煮、田作り、数の子しょう油漬、 花百合根旨煮、穴子昆布巻、松笠鮑やわらか煮、はじかみ甘酢漬、車海老艶煮、鶉照焼青竹串、一寸豆旨煮、 鼈甲玉子、諸子甘露煮、蕗旨煮、さごし銀造り、鮃龍飛巻、手綱巻、車海老黄身博多押し、 蓬莱山(龍飛昆布巻)、小梅甘酢漬、角甘草塩漬、、千鳥胡瓜塩漬、手毬麩旨煮、松葉うど、菊花かぶら甘酢漬、 千代呂木甘酢漬、青海苔、笹千社唐塩漬、土筆塩漬、鶴(鶉卵塩茹)、 亀(人参塩漬)、雲丹小袖蒲鉾、甘鯛味噌漬、三色豆竹輪、千代結び蒲鉾、 より人参、筍土佐煮、海老丸、鶉丸、穴子鳴門巻、ぶどう豆旨煮、棒鱈

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    • 節句を寿ぎ、節目を祝い、来賓をお迎えする。
      華やぎの舞台へと誘うのは、池泉廻遊式庭園と、近代数寄屋建築を彩る四季折々の美景と、美食の歳時記。
      和の迎賓館として一世紀もの間、世界の貴賓の方々をお迎えするなかで、受け継がれてきた美しきおもてなし。
      人と人とのご縁を、繋ぎ続ける和の心こそが岡崎つる家の真髄であり、ささやかな誇りです。
      (株式会社つる家 代表取締役社長 出ア 康司)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    こちらの商品は送料無料となります。
    カートに戻る
    ×
    お歳暮はこちら