kyoto

大極殿本舗 花背10個入(竹籠入)

あっさりとした大納言の粒あんを、大極殿自慢のカステラ生地で包みました。背負い花籠に見立てた季節限定の味を、可愛らしい竹籠に詰めてお届けします。

  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    花籠に見立てた上品な和菓子

      1885年創業の大極殿本舗がつくる、背負い花籠をイメージした季節限定の和菓子。あっさりとした大納言の粒あんを、大極殿自慢のカステラ生地で包みました。背負い花籠に見立てた上品な和菓子を、可愛らしい竹籠に詰めてお届けします。
     性別や年代問わず好まれる味わいで、大切な方への贈り物にもおすすめです。9月中旬から5月中旬頃までの季節限定商品です。

    代々の職人の熱意や技術が築きあげた、庶民にも手の届く上品な味わい

      大極殿本舗は、京の町にカステラを広めたお店とも言われています。大極殿本舗では、2代目が明治時代に長崎でカステラ製造技術を習得してきたことをきっかけにカステラ販売をはじめ、その後昭和初期には京都電灯(現在の関西電力の前身)とカステラを焼くための電気釜を共同開発し、さらにカステラを庶民にも親しみやすいお菓子にしてきました。
     京都市中京区の四条通周辺、「京の台所」とも呼ばれる錦市場の程近くに構える大極殿本舗の本店と、もともと店主の住居であった六角店は、慶應元年(1865年)に建築された建物。いまでも坂本龍馬など幕末の志士たちが店先を駆け抜けていきそうな建築当時の雰囲気を色濃く残していてます。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   私ども大極殿本舗は1885年の創業以来、常に先取の気持ちを持ち、上質な材料を使って上品で趣ある味わいを目指しお菓子作りをしております。お菓子を通して、京都の四季の趣や自然の風情を感じていただけますと幸いです。
       ご家族やご友人との心和らぐお茶の時間や、大切な方へのお手土産など、様々なシーンではんなりとした手作りの京菓子をお楽しみください。

      (大極殿株式会社 部長 芝田典弘)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る