pref_ky

抹茶作り体験・宇治茶の歴史資料見学

  • 800円(税抜) ※一人でのご予約は1,600円(税抜)
  • 地域:京都府
  • 最寄駅:JR奈良線宇治駅
    最寄駅から徒歩約10分
  • この商品について問い合わせ

体験紹介

  • 京都駅から快速で約20分。車窓からも宇治の茶畑を垣間見ることができます。 鎌倉時代、中国から京都の高山寺に茶種が伝えられ、宇治に植えられたところから宇治茶の歴史が始まったと言われています。戦国時代末期には、茶の旨みを出すために茶園全体に葦や藁で覆いをかけて遮光する覆下(おおいした)栽培がはじめられ、江戸時代には煎茶の製法が生み出されるなど、茶の味わいや楽しみ方のバリエーションが広がっていく中で、徳川将軍家より「茶の最上は宇治」と称されるほど、全国にその名を轟かせてきました。 天正年間創業の三星園上林三入本店は、初代は千利休とも親交があったと伝えられ、江戸時代には将軍家御用御茶師として代々「上林三入」の名を継いできた由緒ある名店。現在の当主は十六代目、創業四百余年である老舗の本分を守りながら、安心安全で高品質な茶を提供し続けるだけではなく、宇治茶の伝統を広く後世にまで伝えていくべく、店舗2階を宇治茶の歴史・伝統を紹介する資料室(9:00〜17:00、無休)として無料で開放し、3階はお抹茶づくり体験(要予約、800円(税抜))を通じて宇治茶の心を感じる庵「三休庵」として開放して、皆様をお待ちしています。 お抹茶づくり体験では、宇治市内産の1kg5万円のお抹茶を石臼で挽いて、挽きたてのお抹茶をお菓子と一緒に味わっていただけます。丁寧に教えてくれるので、初めての方でもお気軽に楽しむことができます。

営業情報

所在地 京都府宇治市宇治蓮華27-2 平等院表参道
営業時間 10:00〜18:00
料金 800円(税抜) ※一人でご予約された場合は、1,600円(税抜)となります。
予約の要否・その他 要予約
定休日 なし

お問い合わせ先

情報提供元 三星園上林三入本店
TEL 0774-21-2636
公式サイト http://ujicha-kanbayashi.co.jp