pref_gf

奥飛騨の名産「飛騨山椒」の魅力が詰まった山椒セット

一房ずつ手で収穫した無農薬の飛騨山椒。奥飛騨で自生した希少種ならではの香り、辛さ、しびれを楽しめる山椒粉、山椒七味、山椒醤油、山椒味噌、飛弾山椒焼肉のたれ、ちりめん山椒の詰合せ。やみつきになる味わい。

  • 4,420円(税込)
  • 内容量:山椒粉10g、山椒七味20g、山椒醤油150ml、山椒味噌125g、飛騨山椒焼肉のたれ240g、ちりめん山椒50g
    賞味期限/消費期限:山椒粉・飛騨山椒焼肉のたれ180日、山椒七味300日、山椒醤油365日、 山椒味噌10ヶ月、ちりめん山椒30日
    保存方法:常温
  • 送料 / 原材料名・成分 / アレルゲン / サイズ
  • カラー・サイズを選択してください。

    • お気に入りへ追加

    奥飛騨の爽やかな深山の香 徳川将軍にも献上された無農薬の飛騨山椒

      北アルプスの山々に囲まれ、温泉地としても有名な岐阜県高山市奥飛騨温泉郷は、古くから山椒の栽培が盛んなところで、江戸時代に飛騨郡代が徳川将軍に献上した記録が残っています。
    古来より山と土と水に恵まれ、寒暖の差が大きいこの地域で自生していた飛騨山椒は、国内の他産地の品種と比べてフェランドレン(ペパーミントのような爽やかな甘さがあり、わずかに柑橘系の香りがある)成分を多く含み、香りが強く、品質の高さを誇っています。この香りは収穫から1年経っても衰えない、とも言われています。
      この香り高い品種は、土、水、気温、霧(湿度)など、さまざまな偶然が重なった自然の恵みと考えられ、標高800m程度、半径5q程度の限られた範囲で、代々地元の人々によって接ぎ木され、大切に守り育てられてきました。
      愛情を込め手で摘んだ無農薬で栽培された飛騨山椒には、品質の良さだけではなく、そんな歴史の香りも漂っているかもしれません。

    山椒の魅力である「香り」「辛さ」「しびれ」 三拍子揃った逸品を6品詰合せ

      山椒の魅力である「香り」「辛さ」「しびれ」の三拍子が揃った飛騨山椒を使った山椒粉、山椒七味、山椒醤油、山椒味噌、飛騨山椒焼肉のたれ、ちりめん山椒を贅沢にセットにしました。これまで以上に、山椒を使う機会が増えると同時に、きっと山椒の新しい用途も発見できるはずです。思わず山椒粉を鞄に忍ばせて持ち歩きたくなる方もいらっしゃるかもしれません。山椒の奥深さを味わってください。
      山椒粉は、奥飛騨の厳選した山椒を100%使用。風味がよく、さまざまな料理によく合います。飛騨山椒の香り・辛さ・しびれを感じたその瞬間に、山椒の新たな魅力の虜になるはずです。うなぎはもちろん、地元では、焼肉、ステーキ、さらには中華料理やピザなどのイタリア料理にも振りかけても美味しそうです。
      山椒醤油は、爽やかな香りが料理を上品に演出してくれるはずです。今、皆さんが醤油を使っている料理、例えば、お刺身、卵焼きなどに、一度、山椒醤油をお試しください。素材の味をより一層引き立ててくれることでしょう。
      飛騨山椒焼肉のたれは、ノンオイルでサラッとした焼肉のたれです。山椒が主張しすぎず、口の中でほのかに山椒の風味が広がり、肉との相性も良く、クセになる味です。ご家庭で楽しむのはもちろん、バーベキューなどで使えば、おいしさが増すだけではなく、山椒についての話題も広がり、アウトドアの楽しさも倍増するはずです。
      ちりめん山椒は、上質なちりめんと、たっぷり入った実山椒がクセになるはずです。実山椒とは、熟する前のやわらかい山椒の実です。ふっくらと甘辛く炊いたちりめんじゃこは、噛めば噛むほどに山椒のアクセントが効いてくるので、ご飯がどんどん進むはずです。おにぎりの新たな具として使ってみてはいかがでしょうか。
      さらには野菜スティックにつけても、魚や肉の焼き物につけても美味しい山椒味噌、万能調味料の山椒七味もセットにした、さまざまな場面で素材を引き立てる商品です。ご家庭だけでなく、プレゼントにもぜひご活用ください。

    つくり手のこだわり

    • つくり手
    •   奥飛騨温泉郷の名産品である「山椒」。江戸時代には徳川将軍へ献上した記録もあるような歴史ある山椒です。私自身、小さいころから夏休みの思い出から「山椒もり(飛騨弁で摘み取り)」を欠くことができません。この山椒は奥飛騨の自生種で、標高800m程度、半径5q程度の限られた範囲でしか栽培できないとも言われています。
        しかし、かつては京都の土産物としては有名だったものの、全国での知名度は高いものではありませんでした。実際、山椒はうなぎの蒲焼きを買ったときについている粉山椒のイメージが強い方が多いのではないでしょうか。
        そんな皆さんに、山椒の本来の魅力である「香り」「辛さ」「しびれ」を体感していただきたい、奥飛騨の名産「飛騨山椒」を全国に広めたい、そんな強い思いで山椒を一房ずつ手で収穫し、陰干し、天日干しを繰り返しています。
        私たちのそんな思いも入った歴史ある名産「飛騨山椒」をぜひお試しください。

      (有限会社飛騨山椒 代表取締役社長 内藤一彦)
    カートに戻る

    商品情報

    送料

    原材料名・成分

    アレルゲン

    サイズ

    送料テーブル
    カートに戻る